紀元前239年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀: 前250年代 前240年代 前230年代 前220年代 前210年代
: 前242年 前241年 前240年 紀元前239年 前238年 前237年 前236年

紀元前239年(きげんぜん239ねん)は、ローマ暦の年である。当時は、「トゥリヌス と ファルトが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元515年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世初期以降、この年は紀元前239年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

カルタゴ[編集]

  • ハミルカル・バルカ傭兵の乱の捕虜を赦免する寛容さが、他の者の離反を誘発することを懸念したため、マトーススペンディオスは、Gescoを含むカルタゴの「約700人の」囚人の手足切断と処刑を命じた。傭兵たちはすべて残虐行為で有罪になるため、離反者はあえてハミニカルの元でカルタゴの裁きを受けられなかった。
  • カルタゴが傭兵に包囲され、ウティカ市が反乱を起こしてカルタゴから分離しようとする。カルタゴはヒエロン2世ローマに傭兵に対する援助を要請する。しかし傭兵の指導者はローマの仲介を拒否する。
  • サルディニアがカルタゴに反乱を起こし、ローマが機に乗じてこの島を併合する。

ギリシア[編集]

セレウコス朝[編集]

ペルシア[編集]

中国[編集]

朝鮮[編集]

誕生[編集]

死去[編集]