アカイア同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀元前2世紀のギリシア

アカイア同盟ギリシア語: Κοινὸν τῶν Ἀχαιῶν: Achaean League)は、古代ギリシア時代後期においてペロポネソス半島北部沿岸部のアカイア人都市同士でなされた同盟である。

同盟としては紀元前5世紀から紀元前4世紀には既に存在していたが、紀元前3世紀初頭に内容が改革され、すぐに加盟都市がアカイア地方の北部沿岸部から中心部にまで広がった。とくにシキュオンのアラトスのもとでアカイア同盟はペロポネソス半島での影響力を高め、アンティゴノス朝マケドニアの影響力も削ぐようになったが、同時にスパルタの王クレオメネス3世との間に確執が生じるようになった。

クレオメネスとの武力衝突でアラトスはマケドニアの王アンティゴノス3世に援軍を要請し、クレオメネス戦争でクレオメネスに勝利し、彼をエジプトへの亡命にまで追い込んだ。しかしそれによりアカイア同盟の影響力は弱まり再びマケドニアの影響力を増す結果となった。

アラトスの死後、アカイア同盟は新興勢力であった共和政ローマに接近、マケドニアと対峙していく形で強化され、ローマの東方での影響力の確立に大いに役立った。そして紀元前197年にローマは第二次マケドニア戦争英語版でマケドニアに対して勝利をする。またメガロポリスフィロポイメンのもとで同盟はスパルタと幾度も戦った。紀元前207年にはマンティネイアの戦いマカニダス率いるスパルタ軍を破り、紀元前195年ナビス戦争に勝利し、紀元前192年の最後のスパルタ王ナビスの死に際しては同盟は混乱したスパルタにフィロポイメン率いる大軍を送って同盟に加入させ、ペロポネソス半島全域を支配下に収めた。

しかしながらアカイア同盟の支配は長くは続かなかった。第三次マケドニア戦争で同盟はローマを見限り、マケドニア王ペルセウスに接近、この行為にローマは懲罰を加え、同盟の指導者層から人質としてローマに連行、その中にはスキピオ家に預けられ、後にローマの歴史を書くポリュビオスもいた。

紀元前146年にアカイア同盟はローマに対して反抗するが、ローマから派遣されたルキウス・ムンミウスコリントスの戦いで戦った同盟軍は敗北、一連の戦役でコリントスが廃墟と化し同盟は消滅した。

この功績によりムンミウスは『アカイクス』の称号が与えられた。

歴代ストラテゴス[編集]

加盟国[編集]


関連項目[編集]