ウィリアム・ヘンリー・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ヘンリー・スミス

ウィリアム・ヘンリー・スミス(William Henry Smyth、1788年1月21日1865年9月9日)はイギリス天文学者である。海軍士官を引退した後、私設天文台で観測を始め、ベッドフォードカタログとして知られる、重星・星雲のカタログを作った。

アメリカ独立によって帰国した王党派の植民者の息子としてウェストミンスターに生まれた。ナポレオン戦争の時代にイギリス海軍に属し、地中海で働き、Admiral(大将位)に達した。1817年の水路調査航海中にシシリア島のパレルモ天文台の天文台長ジュゼッペ・ピアッツィに会った事により天文学への興味をもった。1825年に海軍を退役し、ベッドフォードに私設天文台を建設し、5.9インチの反射望遠鏡で観測を行った。1844年に著書the Cycle of Celestial Objectsを出版した。その第2巻はベッドフォードカタログとして知られ、スミスの観測した1600あまりの二重星、星雲が収録された。1845年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。

月の海スミス海は、スミスの功績を称えて命名された。

息子のチャールズ・ピアッツィ・スミスも天文学者となった。