ヘレン・ソーヤー・ホッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダ科学技術博物館にあるヘレン・ソーヤー・ホッグの額
カナダ科学技術博物館にあるヘレン・ソーヤー・ホッグ天文台

ヘレン・ソーヤー・ホッグ(Helen Battles Sawyer Hogg、1905年8月1日-1993年1月28日)は、球状星団の研究で知られるカナダ天文学者である。彼女は、トロント・スター誌で1951年から1981年まで連載していた天文学のコラムと、1946年から1965年までJournal of the Royal Astronomical Society of Canada誌に“Out of Old Books”のタイトルで投稿していた天文学史に関する論文で有名である。

人生[編集]

1926年にマウント・ホリヨーク大学を卒業すると、ハーバード大学天文台に勤め、ハーロー・シャプレーアニー・ジャンプ・キャノンとともに星団の研究を行った。1931年にラドクリフ大学から博士号を授与された。

彼女は1930年にフランク・スコット・ホッグと結婚した。2人はブリティッシュコロンビア州ビクトリアに引っ越し、フランクはドミニオン天体物理天文台に勤めた。ヘレンは雇用されていなかったが、無報酬の助手として働いた。1935年、2人はオンタリオ州に戻り、ここでヘレンはデービッド・ダンラップ天文台の職を得た。この時期の彼女の研究テーマは炭素窒素酸素吸収線を含むスペクトルを持つ恒星であった。フランクは1946年から死去する1951年まで天文台長を務めた。

名誉[編集]

彼女は、1949年にアニー・J・キャノン賞、1983年にクルンプケ・ロバーツ賞を受賞した。

1967年には、天文学における顕著な功績により、リッテンハウス天文学会シルバーメダルを受賞した。リッテンハウス天文学会は、天文学者のデヴィッド・リッテンハウスを記念して設立された学会である。

1968年にはカナダ勲章を受章し、さらに1976年にはコンパニオンのランクに上がった[1]

エドワード・ボーエルが発見した小惑星ソーヤ・ホッグは、彼女の名前にちなんで命名された。

出典[編集]

  1. ^ Order of Canada Citation, archived in the Internet Archive, September 30, 2007

外部リンク[編集]

死亡記事[編集]

関連項目[編集]