ブラッド・スポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラッド・スポーツとは、動物に暴力をふるって楽しむスポーツであり余興である。市民だけでなく王侯貴族からも広く好まれた見世物であり [1]、例えばエリザベス朝時代のイギリスでは熊や猿を連れた旅芸人が犬をけしかけたり、観衆に石を投げさせて娯楽とした[2]。当時は狂人の観察などと並ぶ人気の興業であり、芝居見物などと等しいごく普通の習慣だった[2]

獲物を追いかけさせるコーシングをはじめとして闘鶏や闘犬などのように動物同士を戦わせるものなどもある。たいてい血が流れる上、動物が何匹か死んでしまうこともしばしばである。

語源[編集]

古代ギリシアでも余興として動物を戦わせていた(アテネ国立考古学博物館
闘牛士に最後は短剣で殺される(フランス)

タナー・カーソンによれば、もともとこの言葉は馬上で動物を狩るときのことを指して使われており、例えば狐狩りや兎狩りのように獲物を激しく追いかけるものだった。火器の前に弓や槍をつかって狩人はあらかじめ動物を傷つけることもあったが、その獲物を追いかけて、近距離になったらふつうは殺すことになる。中世の猪狩りなどはその典型である。そして「ブラッド・スポーツ」という語は作家のヘンリー・ソルト(1851–1939)によって人口に膾炙していった[3]

それが後に動物「いじめ」から動物を戦わせるものまで様々な催しにも使われるようになった。牛いじめ熊いじめ闘鶏に始まり、後には闘犬や鼠いじめもブラッド・スポーツと呼ばれた。これらの動物には競技に特化したしつけがおこなわれ、争わせるためだけの存在であり逃げることは許されなかった。ヴィクトリア朝期になると進歩派の人間が現れて、倫理や道徳、動物愛護といった観点からブラッド・スポーツに声を大にして反対し始めた。イングランドでは動物虐待防止協会などが主導的な役割を果たし、法が整備されてこの見世物には罰が科されるようになった[4]

役人や聖職者たちですら好んでいた[4]ブラッド・スポーツという言葉の使われ方が変わったと言うことは、社会進化というものがいかに複雑な言葉であるかということの証左でもある。

狩猟[編集]

動物の権利を主張し、愛護しようという団体はブラッド・スポーツという言葉を拡大を求めている。特にさまざまな狩りの蔑称として用いるべきだというのだ。動物愛護団体はとりわけ剥製をもとめて狩りをしたり、狐を追いかけたりするものをブラッド・スポーツとして甚だしく下品な行いだとしている[5]

試合[編集]

ロバいじめ

世界のほとんどの国でブラッド・スポーツに類するものは法的な制限を受けている。特定の場所で、程度に差はあれど監督をうけることで合法となっているものも一部にはあるが(たとえば闘牛や闘鶏)、どこでも人気は下降している[6][7]。ブラッド・スポーツを擁護する人間はたいてい伝統文化の信奉者として引き合いにだされ[8]、例えば闘牛の愛好家はこの競技を単なるスポーツではなく文化的な活動だとみなしているが、闘牛は時に悲劇的な見世物だとも言われる。試合の形式に差はあれど牛は必ず殺されるし、闘牛士も常に死の危険にさらされているからである。バーナビ-・コンラッドの「ラ・フィエスタ・ブラーヴァ」とヘミングウェイの「午後の死」はどちらもこの問題に一考察を与えている。

インターネット動画[編集]

動画共有サイトのYouTubeはRSPCAなどの動物愛護団体によって批判を受けている。こういったサイトに動画を投稿することを前提にして動物を争わせるビデオ― 特にある動物を別の動物のエサにするもの ―が放置されているというものである[9]

ブラッド・スポーツの一覧[編集]

19世紀のウェストバージニア州で行われる「ガチョウ引き」(フレデリック・レミントン画)

ブラッド・スポーツに反対する団体[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平川知佳 (2010年). [http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/43077/1/hirakawa.pdf 階級と余暇の指向性 : 近代のイギリス社会に焦点をあて] (M. thesis). 北海道大学.. http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/43077/1/hirakawa.pdf  p.10
  2. ^ a b ガーミニ・サルガードー; 松村赳訳 (1985). エリザベス朝の裏社会. 刀水書房.  p.202-203, p.288
  3. ^ Henry Salt » Reformer » Blood Sports”. The Henry S. Salt Archive. 2012年4月14日閲覧。
  4. ^ a b 平川 2010年, p.27.
  5. ^ Speecking, Georg; strang (1914年). “Bloodsports”. Stag Hunting pp. 1–33, in Killing for Sport: Essays by Various Writers, edited by Henry S. Salt. George Bell and Sons, Ltd, London. 2006年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月17日閲覧。
  6. ^ Lewine, Edward (July 2005). Death and the Sun: A Matador's Season in the Heart of Spain. Houghton Mifflin Company. ISBN 061826325X. http://www.powells.com/biblio?show=061826325x#synopses_and_reviews. 
  7. ^ Mitchell, Timothy (July 1991). Blood Sport: a social history of Spanish bullfighting. University of Pennsylvania Press. p. 244. ISBN 9780812231298. ISBN 0812231295. 
  8. ^ Cockfighting, Puerto Rico Herald, 2005.
  9. ^ Practical Fishkeeping article, May 17, 2007, retrieved August 25, 2007.
関連文献
  • レジャーの社会経済史―イギリスの経験. 東洋経済新報社. (1989). ISBN 4492370714. 

外部リンク[編集]