ブズカシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブズカシ

ブズカシペルシア語 بُزكشی Buzkashī, بُزکَشی Buzgashī )は2組の騎馬隊ヤギをボール代わりにして奪い合う競技で、アフガニスタン国技である。ペルシャ語で「ヤギを引きずる」(「ヤギ」بُز buz + 「引く、引っ張る、引きずる」 كشی kashī )という意味である[1]

もともと、生きたヤギを引き回していたが、後にヤギの皮に砂を詰め、使うようになった。

アフガニスタンオリンピック連盟によって、公式ルールが定められているが、カーブルでの大会を除くと公式ルールどおりに競技がなされていない場合も多く、北部地域では公式ルールに従って競技が行われることはほとんどない。相手の騎手を故意に鞭で叩くこと、馬上から相手の騎手を故意に突き落とすことが禁じられている[1]

アフガニスタンは多民族国家であり、チームは民族ごとに編成される。誇りをかけての熱戦は、スポーツを禁止したタリバンの台頭や内戦により、現在では風前の灯火になってしまった。

かつてアフガニスタンでは紙幣(1979年から発行の1,000アフガニ紙幣)にも競技の様子が描かれていた。

雑学[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ブズカシ: アフガニスタンの国技”. 在日アフガニスタン大使館. 2014年11月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]