ゲイリー・フランシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイリー・フランシオン
ゲイリー・フランシオン教授と
捨て犬だったモリーとケイティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
教育 文学士号、文学博士号・法学博士号J.D.
出身校 ロチェスター大学
バージニア大学
著名な実績 動物の権利 理論
肩書き ラトガーズ大学、法律教授
ニコラス・カッツェンバック哲学と法律の研究者
宗教 アヒンサー (非暴力主義)
公式サイト
動物の権利と廃止論的アプローチ
http://www.abolitionistapproach.com
テンプレートを表示

ゲイリー・ローレンス・フランシオン (Gary Lawrence Francione, 1954年-) は、アメリカ合衆国法律学者。大学の法律教授でニコラス・カッツェンバック哲学法律の研究者 Rutgers School of Law-Newark.[1]

フランシオンは動物の権利理論の草分け的存在として知られていて、動物の権利をアメリカの法律大学で初めて学術的に教義したことでも知られている。[2] 彼は以下の3つの問題に集中する

  1. 動物の所有物としてのステータス
  2. 動物の権利」と「動物の福祉」の違いについて
  3. この動物の権利の理論では「知覚意識」のある動物を対象としそれぞれの動物の特性や特徴故での差別はしない

フランシオンは動物の権利:廃止論の abolitionist theory of animal rightsパイオニアであり、従来の搾取への規制法animal welfare では理論的にも実際的にも動物への待遇向上の効果は聞かれないとし、逆に消費者が心理的に動物を使用しやすくしてまう逆効果になると指摘する。[3] 彼は非人間種=動物の必要な権利はただ一つしかない、それは人間の所有物やモノにならない権利のことだと議論する。[4] そして廃止論的アプローチの道徳のベースラインはヴィーガニズム - すべての動物使用の拒絶をすることから始まると述べ、動物の権利は、非暴力的な権利活動=ヴィーガニズムの実践と教育で達成できるはずだという。 [5]

関連書籍[編集]

  • The Animal Rights Debate: Abolition or Regulation. Columbia University Press, 2010. ISBN 978-0-231-14955-6
  • "Animal Welfare and the Moral Value of Nonhuman Animals." Law, Culture and the Humanities 6(1), 2009: 24-36.
  • Animals As Persons: Essays on the Abolition of Animal Exploitation. Columbia University Press, 2008. ISBN 978-0-231-13950-2
  • "Taking Sentience Seriously." Journal of Animal Law & Ethics 1, 2006.
  • "Animal Rights Theory and Utilitarianism: Relative Normative Guidance." Between the Species 3, 2003.
  • Introduction to Animal Rights: Your Child or the Dog?. Philadelphia: Temple University Press, 2000. ISBN 1-56639-692-1
  • Rain without Thunder: The Ideology of the Animal Rights Movement. Philadelphia: Temple University Press, 1996. ISBN 1-56639-461-9
  • Animals, Property and the Law. Philadelphia: Temple University Press, 1995, ISBN 1-56639-284-5
  • "Personhood, Property and Legal Competence, in Paola Cavalieri & Peter Singer (eds.), The Great Ape Project. New York: St. Martin's Griffin, 1993, pp. 248–257.
  • (with Anna E. Charlton) Vivisection and Dissection in the Classroom: A Guide to Conscientious Objection. Jenkintown, Pa. : American Anti-Vivisection Society, 1992.

参照[編集]

  1. ^ "Gary L. Francione", Rutgers School of Law Newark, accessed February 25, 2008.
  2. ^ Francione, Gary (2008). Animals as Persons: Essays on the Abolition of Animal Exploitation. Columbia University Press, back cover.
  3. ^ Hall, Lee. "An Interview with Professor Gary L. Francione", Friends of Animals, accessed February 25, 2008.
  4. ^ Francione, Gary. Rain Without thunder: the Ideology of the Animal Rights Movement, 1996.
  5. ^ Francione, Gary. "Ahimsa and Veganism", Jain Digest, Winter 2009, pp. 9–10.

外部リンク[編集]