ハーテビースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーテビースト
Alcelaphus buselaphus, Ngorongoro, Tanzania.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目(偶蹄目)Artiodactyla
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ハーテビースト亜科 Alcelaphinae
: ハーテビースト属 Alcelaphus
: ハーテビースト A. buselaphus
学名
Alcelaphus buselaphus (Pallas, 1766)
英名
Hartebeest
亜種

ハーテビーストは、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ハーテビースト亜科の動物アフリカ大陸各地の草原に生息する。ペーター・ジーモン・パラスによって1766年に初めて記述された。現在までに絶滅したキタハーテビーストを含む8亜種が知られている。[1][2]レイヨウ」の一種で、シカレイヨウ(鹿羚羊)とも呼ばれる。

成体の体高は1メートル強、体長は150~245センチメートル。オスの体重は125~218キログラム、メスの体重は116~185キログラム。体色は、砂色のニシハーテビーストWestern hartebeest)から大部分が黒いスウェインハーテビーストSwayne’s hartebeest)まで、亜種によって様々に異なる。両性とも45~70センチメートルまで成長する角を持ち、形は体色と同様亜種によって大きく異なる。野生環境では11~20年の寿命を持ち、飼育下では19年まで生きる。[3][4]

ハーテビーストは社会的動物として知られ、20~300頭の群れを形成する。通常は温和であるが刺激されると獰猛になる。イネ科キビ亜科の植物や豆果を餌とする。ハーテビーストは1~2歳で性的な成熟を迎え、8ヶ月の妊娠期を経て1頭の子供を産む。繁殖期は亜種や群によって異なる。[3][5]

種の保全状況は亜種によって異なり、キタハーテビーストは1994年に国際自然保護連合(IUCN)によって絶滅が宣言された。他のハーテビーストはアフリカ大陸各地に広く分布しているが、生息地の減少・ハンティング・人間入植家畜との餌の奪い合いなどによって個体数は減少傾向にある。現在では、アルジェリアエジプトレソトリビアモロッコソマリアチュニジアでは絶滅したが、スワジランドジンバブエには人為的に導入されている。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b IUCN SSC Antelope Specialist Group (2008). Alcelaphus buselaphus. In: IUCN 2008. IUCN Red List of Threatened Species. Retrieved 11 February 2009.
  2. ^ Wilson, D. E.; Reeder, D. M. (2005). Mammal Species of the World : A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Baltimore, Maryland: Johns Hopkins University Press. p. 674. ISBN 978-0-8018-8221-0.
  3. ^ a b Batty, K. "Alcelaphus buselaphus". University of Michigan Museum of Zoology. Animal Diversity Web. Retrieved 22 January 2013.
  4. ^ Hartebeest fact file". Wildscreen. Arkive. Retrieved 27 January 2013.
  5. ^ Capellini, I. (2007). "Dimorphism in the hartebeest". Sex, Size and Gender Roles: 124–32. doi: 10.1093/acprof:oso/9780199208784.003.0014. ISBN 978-0-19-920878-4.