ワライカワセミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワライカワセミ
Kookaburra portrait.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ブッポウソウ目 Coraciiformes
: カワセミ科 Alcedinidae
: ワライカワセミ属 Dacelo
: ワライカワセミ D.novaeguineae
学名
Dacelo novaeguineae
(Hermann, 1783)
和名
ワライカワセミ
英名
Laughing Kookaburra

ワライカワセミ(笑い翡翠・学名Dacelo novaeguineae )は、ブッポウソウ目カワセミ科に分類される鳥。オーストラリアに分布する大型のカワセミの仲間。人の笑い声に似た大声の(「ワハハハ……」と笑っているように聞こえる)さえずりが特徴である。

形態[編集]

全長は40-47cm。ハトカラスの中間くらいの大きさがあり、カワセミ科の中では最大の種類である。

くちばしが短くて太く、くちばし上部は黒色で、下部は肌色。頭部と腹は白いが、黒褐色の過眼線があり、冠羽は黒褐色の斑が混じる。翼を含む背面は濃褐色で、翼の中ほどの小雨覆および中雨覆と腰に水色が混じる。尾羽は茶褐色で、黒色の帯が7本前後はいる。尾羽の先端部は白色。

分布[編集]

オーストラリア北東部のヨーク岬半島から南オーストラリア州アデレード付近にかけて。また、西オーストラリア州南西部やタスマニア島カンガルー島ニュージーランドにも移入され、分布を広げている[1]

分類[編集]

D.n.novaeguineae:基亜種。 D.n.minor:ヨーク半島亜種。基亜種よりも小型。

生態[編集]

採録地はオーストラリア、ペンバートン近郊。ウィキメディア・コモンズから呼出

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

森林地帯から、木がまばらに生える草原まで様々な環境に生息するが、都市部にも進出している。大声でさえずって縄張りを誇示するが、このさえずりが人間の笑い声に似ている。特徴的な鳴き声から、動物園などでも飼育される。

繁殖期は夏で、は木のうろに作る。通常、2~4つの白い卵を産む。繁殖に参加しない個体が、抱卵や給餌を手伝う。巣立ち後も、繁殖に参加しなかった個体が、天敵から若鳥を守ることが知られている。非繁殖期も家族で生活し、通常、一生涯をその土地で過ごす。寿命は20年前後。

木の枝などに止まって獲物を探し、獲物を見つけると飛びかかり、大きなくちばしで獲物を捕える。日本のカワセミのように水に飛び込んでを捕食することは稀で、通常は地上で獲物を捕える。昆虫類からネズミヘビに至るまで様々な小動物を捕食し、小鳥の巣を襲うこともある。

近縁種[編集]

ワライカワセミ属(Dacelo 属)は、他にも3種類が知られる。

アオバネワライカワセミはオーストラリア、アルーワライカワセミとチャバネワライカワセミはニューギニアに分布している。

保全状態[編集]

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

Status iucn3.1 LC.svg

参考文献[編集]

  1. ^ Egerton, L. ed. 2005. Encyclopedia of Australian wildlife. Reader's Digest ISBN 9780864491183
  • Field Guide to Australian Birds, Michael Morcombe, Steve Panish Publishing, 2004, ISBN 9781740215596
  • Egerton, L. ed. 2005. Encyclopedia of Australian wildlife. Reader's Digest ISBN 9780864491183
執筆の途中です この項目「ワライカワセミ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類