ニュージーランドの野鳥一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キーウィ

ニュージーランドの野鳥一覧では、ニュージーランドで観察された野鳥のチェックリストを示す。

ニュージーランドはオーストラリア区生物地理区)に位置する。 オーストラリア大陸同様他の大陸と早期に離れたため、独自の固有種が多い(67)。

ニュージーランドの生態系には本来、少数のコウモリを除いて哺乳類が全く存在しなかった。 そのため、その部門に存在したニッチに入り込む形で、地上のいきものとして適応進化し、飛ぶ能力を捨ててしまった種が少なくない。 例として、モア(絶滅種)、キーウィフクロウオウム(カカポ)、タカヘニュージーランドクイナなど。 なお、9世紀に人間(マオリ)が来島しさまざまな哺乳類を持ち込んで以降、人間ならびに各種肉食獣による捕食、シカやネズミとの競合などを原因として、これら“飛べない鳥”の多くは、絶滅または絶滅危惧状況に追い込まれている。

ダチョウ目[編集]

キーウィ科[編集]

キジ目[編集]

キジ科[編集]

ホロホロチョウ科[編集]

ナンベイウズラ科[編集]

カモ目[編集]

リュウキュウガモ科[編集]

カモ科[編集]

ブッポウソウ目[編集]

ブッポウソウ科[編集]

ショウビン科[編集]

カッコウ目[編集]

カッコウ科[編集]

オウム目[編集]

オウム科[編集]

アマツバメ目[編集]

アマツバメ科[編集]

フクロウ目[編集]

メンフクロウ科[編集]

フクロウ科[編集]

ハト目[編集]

ハト科[編集]

ツル目[編集]

ツル科[編集]

クイナ科[編集]

コウノトリ目[編集]

シギ科[編集]

タマシギ科[編集]

チドリ科[編集]

ツバメチドリ科[編集]

カモメ科[編集]

タカ科[編集]

ハヤブサ科[編集]

カイツブリ科[編集]

ネッタイチョウ科[編集]

カツオドリ科[編集]

ヘビウ属[編集]

ウ科[編集]

サギ科[編集]

トキ科[編集]

ペリカン科[編集]

グンカンドリ科[編集]

ペンギン科[編集]

ミズナギドリ科[編集]

スズメ目[編集]

イワサザイ科[編集]

キミミミツスイ科[編集]

ホウセキドリ科[編集]

オーストラリアヒタキ科[編集]

カラス科[編集]

ホオダレムクドリ科[編集]

ヒタキ科[編集]

ムクドリ科[編集]

ツバメ科[編集]

シロガシラ科[編集]

メジロ科[編集]

ウグイス科[編集]

ヒバリ科[編集]

スズメ科[編集]

アトリ科[編集]

関連項目[編集]

地域別野鳥一覧[編集]

8つの生物地理区 (Ecozone) および、区内の地域の野鳥一覧。

他の鳥類関連項目[編集]