ウズラシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウズラシギ
Calidris acuminata P4278959.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: オバシギ属 Calidris
: ウズラシギ
C. acuminata
学名
Calidris acuminata
和名
ウズラシギ
英名
Sharp-tailed Sandpiper

ウズラシギ(鶉鴫、学名:Calidris acuminata)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種である。

形態[編集]

成鳥で全長20cm程度、翼長は15cm程度となる。

名前の由来は、ウズラぐらいの大きさであることから。

分布[編集]

ユーラシア大陸北東部のツンドラ地帯で繁殖し、冬期はニューギニアからオーストラリア渡りをおこない越冬する。

日本へはに渡りの途中の旅鳥として飛来する。群れにはならず1羽か数羽の小群で行動するが、100羽程度の群が観察された記録もある。

生態[編集]

海岸近くの水田、ハス田、入江、川岸の水たまりなどにいる。

水中や水際で貝類や甲殻類、昆虫類を捕食する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ下目 Charadriides
シギ小目 Scolopacida
シギ上科 Scolopacoidea

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「ウズラシギ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類