オグロバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オグロバン
Black-tailed Native-hen gatton aug02.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: クイナ科 Rallidae
: バン属
Gallinula
: オグロバン
G. ventralis
学名
Gallinula ventralis
(Gould, 1837)
和名
オグロバン
英名
Black-tailed Native-hen

オグロバン(尾黒鷭、学名:Gallinula ventralis) は、ツル目クイナ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

オーストラリアに分布する。稀にニュージーランドでも観察される。

形態[編集]

体長約35cm。体の上面は緑色がかった茶褐色で、翼と尾は黒褐色である。

生態[編集]

湿地や河川の流域に生息する。草原や畑などで見られることもある。本種は乾季になると雨季の地域に移動する。移動時には小さな群れを形成する。

植物の種子や昆虫類カタツムリなどの軟体動物を食べる。

繁殖期は8-12月が一般的だが、雨季と乾季の関係により変わってくる。湖沼の水辺の茂みの中に営巣し1腹2-8個の卵を産む。抱卵期間は約20日である。

人間との関係[編集]

穀物を食べるため、農業上の害鳥とされることがある。

参考文献[編集]

  • 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、78、165頁。
  • 『動物たちの地球 18 タンチョウ・ヤンバルクイナ・バンほか』、朝日新聞社1991年、184頁