オナガミズナギドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オナガミズナギドリ
オナガミズナギドリ
オナガミズナギドリ(淡色型) Puffinus pacificus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ミズナギドリ目 Procellariiformes
: ミズナギドリ科 Procellariidae
: Puffinus
: オナガミズナギドリ P. pacificus
学名
Puffinus pacificus (Gmelin, 1789)
和名
オナガミズナギドリ
英名
Wedge-tailed shearwater

オナガミズナギドリ(尾長水薙鳥、Puffinus pacificus) は、動物界脊索動物門鳥綱ミズナギドリ目ミズナギドリ科に分類される鳥類。

分布[編集]

インド洋太平洋

日本には繁殖のため主に淡色型の個体が小笠原諸島硫黄列島に飛来する。

形態[編集]

全長38-46cm。翼開張97-105cm。体重0.3kg。尾羽は長く楔形。上面は暗褐色の羽毛で被われ、羽毛の外縁(羽縁)が淡褐色(淡色型)の個体もいて波状の斑紋が入っているように見える。。下面は淡色型は白く、暗色型は暗褐色の羽毛で被われる。淡色型は翼下面の色彩も白いが、外縁は黒い。暗色型は翼下面の色彩も暗褐色。

嘴は細長い。嘴や後肢の色彩はピンク色で、嘴の先端は黒い。

生態[編集]

海洋に生息する。

食性は動物食で、魚類軟体動物などを食べる。水面を泳ぎながら水面近くにいる獲物を捕らえたり、浅く潜水して水中の獲物を捕らえる。

繁殖形態は卵生。斜面にある森林や草原にある岩の隙間や横穴を掘った巣に、日本では6-7月、オーストラリアでは11-12月に1回に1個の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は約50日。雛は孵化してから約50日で巣立つ。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年、41頁。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥類I』、平凡社1986年、176頁。
  • 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、74-75頁。
  • 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、138、202頁。
  • 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、32頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、18頁。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「オナガミズナギドリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類