ブロンズトキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロンズトキ
Plegadis falcinellus Syracuse.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: トキ科 Threskiornithidae
亜科 : トキ亜科 Threskiornithinae
: ブロンズトキ属 Plegadis
: ブロンズトキ P. falcinellus
学名
Plegadis falcinellus (Linnaeus, 1766)
英名
Glossy Ibis

ブロンズトキ(学名:Plegadis falcinellus)は、コウノトリ目トキ科に分類される鳥類の一種。別名カマハシトキ(鎌嘴朱鷺)。

分布[編集]

分布域は広く、オーストラリア東南アジア南アジアアフリカマダガスカルヨーロッパからアメリカ大陸大西洋岸の熱帯・温帯域にかけて生息している。新大陸の個体群は比較的最近(19世紀)になってアフリカから自然に分布を広げたものだと考えられている。ヨーロッパで繁殖した個体は、冬期アフリカに渡り越冬する。

形態[編集]

全長48-65cm。繁殖個体は赤褐色の身体に暗緑色の翼をもつが、非繁殖個体と若年個体は暗い体色のままである。

生態[編集]

内陸の沼地や湿地の多い草原に生息する。熱帯地方では、海岸のマングローブの林の中でもよく観察される。

魚類甲殻類カエル昆虫類などの小動物を捕食する。

集団繁殖地(コロニー)を形成して繁殖する。しばしばサギ類と共同でコロニーを作る。雄が巣材を集め、雌が水辺の樹上などに巣を作る。1腹3-6個の卵を産み、抱卵期間は20-23日である。抱卵、育雛とも雌雄共同で行う。雛は孵化後約20日で巣立ちし、約40日で飛べるようになる。

画像[編集]

Ibis kasztanowatyRB.jpg

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、83頁