ヒメクロアジサシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメクロアジサシ
Anous minutus.JPG
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: クロアジサシ属 Anous
: ヒメクロアジサシ A. minutus
学名
Anous minutus
Boie, 1844
和名
ヒメクロアジサシ
英名
Black Noddy

ヒメクロアジサシ(姫黒鯵刺、学名:Anous minutus)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種である。

形態[編集]

体長は35cm - 39cm。翼開長は66-72cm。クロアジサシと似ているがやや小さい。頭とアイリングは白いが、それ以外の全身は黒褐色の羽毛に覆われている。白い羽毛の割合がクロアジサシよりも多い。

分布[編集]

太平洋大西洋熱帯亜熱帯の島々で繁殖し、非繁殖期は周辺の海域に広く分布する。

日本では迷鳥として小笠原諸島火山列島先島諸島で記録がある。クロアジサシの群れに混じっていることが多い。そのうち火山列島の硫黄島では繁殖記録がある。

生態[編集]

繁殖地は洋上の島嶼で、樹上に営巣する。

鳴き声は、「クリクリクリッ」または「ケラー」。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

  • 『日本の鳥 550 水辺の鳥』、文一総合出版
  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社

関連項目[編集]