ニュージーランドスズガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュージーランドスズガモ
Maori-Tauchente Aythya novaeseelandia 0505281.jpg
ニュージーランドスズガモ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: Aythya
: ニュージーランドスズガモ
A. novaeseelandiae
学名
Aythya novaeseelandiae
(Gmelin, 1789)
和名
ニュージーランドスズガモ
英名
New Zealand Scaup

ニュージーランドスズガモ (学名:Aythya novaeseelandiae)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種。別名はニュージーランドスコープ、スコープダック。

分布[編集]

ニュージーランド(ニュージーランド、オークランド諸島、チャサム島)に分布する(固有種

形態[編集]

雄は全身が暗色で、頸には緑色の、背面には紫色の光沢がある。腹部には、やや白色が混じる。嘴は青灰色、脚は濃い灰色、虹彩は黄色である。雌は全体に暗褐色で、嘴付近に白い斑がある。

生態[編集]

内陸の湖沼に生息する。年間を通じて同じ場所で生活することが多く、飛翔力が退化している訳ではないが弱いと考えられている。

繁殖期は10-3月で、湖沼の岸辺の草地や堤防の陰などに営巣する。1腹5-8個の卵を産み、抱卵日数は27-30日である。雌のみが抱卵する。


Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 ガンカモ目』、財団法人東京動物園協会、1980年、73頁


関連項目[編集]