カカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カカ
Nestor meridionalis (Kaka) -Stewart Island-6.jpg
カカ Nestor meridionalis meridionalis
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: インコ科 Psittacidae
: Nestor
: カカ N. meridionalis
学名
Nestor meridionalis (Gmelin, 1788)
和名
カカ
英名
Common kaka
Kaka
New Zealand kaka

カカNestor meridionalis)は、動物界脊索動物門鳥綱オウム目インコ科に分類される鳥類。

分布[編集]

  • N. m. meridionalis

ニュージーランド南島[1]固有亜種

  • N. m. septentrionalis

ニュージーランド(北島)固有亜種

形態[編集]

全長45cm。[1]顔は褐色の羽毛で被われ、ピンク色の斑紋が入る。[1]耳孔を被う羽毛(耳羽)の色彩はオレンジ色[1]後頸や腰、腹部は赤い羽毛で被われる。翼下面の色彩は赤い。[1]

オスは嘴がより大型で湾曲も強い。[1]

  • N. m. meridionalis

上面や胸部が暗緑褐色の羽毛で被われる。[1]雛は白い綿羽で被われる。[1]

  • N. m. septentrionalis

上面や胸部が緑褐色の羽毛で被われる。[1]雛は灰色の綿羽で被われる。[1]

分類[編集]

  • Nestor meridionalis meridionalis (Gmelin, 1788)
  • Nestor meridionalis septentrionalis

生態[編集]

ブナ科マキ科からなる原生林に生息する。[1]夏季は標高450-850mに生息し、冬季になると標高550m以下へ移動する。[1]昼行性だが、夜間に活動することもある。[1]主にペアで生活するが、非繁殖期には大規模な群れを形成することもある。[1]

食性は雑食で、昆虫やその分泌液、果実、果汁、種子などを食べる。[1]果実を食べる際は舌を使い中身を搾りとって食べる。[1]

繁殖形態は卵生。9-翌3月に樹洞を拡張して木屑を敷いた巣に、4-5個の卵を産む。[1]メスが抱卵し、抱卵期間は24日。[1]オスやペアを形成していない個体は抱卵中のメスに食物を運搬する。[1]雛は孵化してから8週間で巣立つ。[1]寿命は20年と考えられている。[1]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、人為的に移入されたネコ、ネズミやオコジョによる捕食、人為的に移入されたフクロギツネとの競合などにより生息数は減少している。[1]

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社2001年、95、203頁。

外部リンク[編集]