シロアジサシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロアジサシ
Gygis alba 01.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: シロアジサシ属 Gygis
: シロアジサシ G. alba
学名
Gygis alba
(Sparrman, 1786)
和名
シロアジサシ
英名
White Tern

シロアジサシ(白鯵刺、学名:Gygis alba)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種である。

形態[編集]

体長約28cm。雌雄同色。成鳥は全身が白色だが、眼の先に小さな黒斑があり眼がより大きく見える。嘴は黒色で基部は青みがかっている。幼鳥は、後頭部や背中、翼に茶褐色の斑があり、耳羽には黒い斑がある。

分布[編集]

インド洋太平洋大西洋熱帯亜熱帯の島嶼で繁殖する。非繁殖期は、周辺の外洋に生息する。

日本へはごくまれに迷鳥として小笠原諸島南西諸島に渡来する。北海道、本州でも台風で迷い込んだ個体の記録がある。南鳥島では古い繁殖記録がある。

生態[編集]

非繁殖期は、外洋上で生活するものが多い。

繁殖期は集団でコロニーを形成する。岩棚等の地上に産卵することもあるが、海岸近くの木の横枝に産卵することが多い。繁殖地では、よく樹上にとまっている姿が観察される。1腹1個の卵を産み、抱卵期間は30-32日である。抱卵は雌雄共同で行う。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

Clements鳥類分類[編集]

Clements鳥類分類

参考文献[編集]

  • 『日本の鳥 550 水辺の鳥』、文一総合出版
  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社
  • マイケル・ウォルターズ著、山岸哲監修、『世界「鳥の卵」図鑑』、新樹社、2006年、116頁


関連項目[編集]