ヒメハマシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメハマシギ
ヒメハマシギ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: オバシギ属 Calidris
: ヒメハマシギ C. mauri
学名
Calidris mauri
和名
ヒメハマシギ
英名
Western Sandpiper

ヒメハマシギ(姫浜鷸、学名Calidris mauri)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

繁殖地はアラスカ北西部とシベリア北東部のチュコト半島で、冬季は北アメリカ大陸南部や南アメリカ大陸北部に渡り越冬する。

日本では、本州で数回記録があるだけの迷鳥である。主に秋に記録されているが、越冬記録もある。

形態[編集]

全長約16cm。ハマシギに似るが一回り小さい。冬羽では上面は灰褐色、肩羽は茶褐色、下面は白色。夏羽では頭の上や背が赤褐色で、黒斑がある。野外での観察は困難だが、趾の間に小さなひれ蹼(みずかき)がある。雌雄同色である。

生態[編集]

越冬地では干潟や埋立地、砂浜などに生息する。本来は群れで生活するが、日本では1羽が他のシギ類の群れに混じって飛来することがほとんどである。

食性は動物食。干潟などを歩き回って、貝類や甲殻類を採食する。

鳴き声は、「チィーッ チィーッ」「キュッ」など。ハマシギより高い声である。

シブリー・アールキスト鳥類分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
シギ小目 Scolopacida
シギ上科 Scolopacoidea
シギ科 Scolopacidae

参考文献[編集]

関連項目[編集]