キアシシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キアシシギ
Kiashi-shigi.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: クサシギ属 Tringa
: キアシシギ T. brevipes
学名
Tringa brevipes Vieillot, 1816[2]
シノニム

Heteroscelus brevipes Vieillot, 1816[1][3]

和名
キアシシギ
英名
Grey-tailed Tattler

キアシシギ(黄足鴫、学名:Tringa brevipes)は、チドリ目シギ科に分類されるの一種。シギの仲間である。その名前の由来は、足が黄色いことから。

分布[編集]

シベリア北東部やカムチャツカ半島などで繁殖し、冬季東南アジアニューギニアオーストラリア渡りをおこない越冬する。

日本では旅鳥として、北海道から沖縄までの各地で、4月から5月は他のシギ・チドリよりも早く7月下旬から観察され始め、10月ごろまでごく普通に観察される。九州南西諸島では、越冬する個体もある。

形態[編集]

全長は約25cm[4][5]翼開長は約55 cm[5]。成鳥夏羽は、体の上面が灰褐色で眉斑、頬、体の下面は白色。顔から頸にかけては灰褐色の縦斑が、脇から胸にかけては横斑がある。成鳥冬羽は、体の下面が淡い灰褐色になり、体の下面の斑は不鮮明になる。

雌雄同色である[4][5]

足は黄色で、他のシギに比べて短めである。嘴は黒く、基部は灰色がかった黄色。

生態[編集]

非繁殖期には、砂浜干潟水田などに生息する。群れで行動することが多い[4]。海岸部からかなり離れた河川でも観察されることもあるが、この場合、単独か多くても数羽のことが普通である。繁殖期は樹木の疎らな草原や川原、小石が混じったツンドラ地帯に生息する。

水深の浅い場所を歩きながら、カニ昆虫類などを食べる。防波堤テトラポット、海岸の石の上などで休む[4]

地上に営巣するが、木の上のツグミの古巣に営巣した例もある。20世紀始めまで、本種の巣は未発見だった。通常4卵を産む。

ピュイピュイとすんだ声で鳴いたり、飛びながらピュイーと鳴く。

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本の以下の都道府県レッドリストの指定を受けている[3]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
シギ小目 Scolopacida
シギ上科 Scolopacoidea
シギ科 Scolopacidae

近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Heteroscelus brevipes in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2012年5月17日閲覧。
  2. ^ Tringa brevipes (Vieillot, 1816)” (英語). ITIS. 2012年5月17日閲覧。
  3. ^ a b 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示されます。日本のレッドデータ検索システム(キアシシギ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年7月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥 (2006)、262-263頁
  5. ^ a b c ひと目でわかる野鳥 (2010)、68頁
  6. ^ レッドデータブック・東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)2010年版 (PDF)”. 東京都. pp. 48 (2010年). 2012年7月26日閲覧。
  7. ^ 鳥類 神奈川県レッドリスト”. 神奈川県 (2006年). 2012年7月26日閲覧。
  8. ^ 千葉県レッドデータブック−動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 102 (2011年). 2012年7月26日閲覧。
  9. ^ レッドデータブック・キアシシギ”. 京都府 (2002年). 2012年7月26日閲覧。
  10. ^ レッドデータブック・キアシシギ”. 大阪府 (2000年). 2012年7月26日閲覧。
  11. ^ 滋賀県版レッドリスト2005”. 滋賀県 (2005年). 2012年7月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]