シロハラトウゾクカモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロハラトウゾクカモメ
シロハラトウゾクカモメ
シロハラトウゾクカモメ
Stercorarius parasiticus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: トウゾクカモメ科 Stercorariidae
: トウゾクカモメ属 Stercorarius
: シロハラトウゾクカモメ
S. longicaudus
学名
Stercorarius longicaudus
(Vieillot, 1819)
和名
シロハラトウゾクカモメ
英名
Long-tailed Jaeger

シロハラトウゾクカモメ(白腹盗賊鴎、学名:Stercorarius longicaudus)は、チドリ目トウゾクカモメ科に分類される鳥類の一種である。

名前の由来は、白い腹部より。

分布[編集]

ユーラシア大陸から北アメリカ大陸の北極圏で繁殖する。非繁殖期は南下し、南緯50度付近まで至る。

日本では旅鳥として、主に3月から6月頃に太平洋側の海上で観察される。それ以外の季節でも、稀に海上で観察されることがある。

形態[編集]

全長約51cm、翼開長約111cm。トウゾクカモメクロトウゾクカモメと似ているが、胴体はさらに小さい。 中央尾羽の2枚が長く突出しており、先は尖っている。

生態[編集]

非繁殖期は洋上で生活する。

他の水鳥海鳥の獲物を空中で奪い取る習性があるが、他のトウゾクカモメ類に比べると自分で魚類を捕食することが多い。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

関連項目[編集]