ハジロコチドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハジロコチドリ
ハジロコチドリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: チドリ科 Charadriidae
: チドリ属 Charadrius
: ハジロコチドリ
C. hiaticula
学名
Charadrius hiaticula
和名
ハジロコチドリ
英名
Ringed Plover

ハジロコチドリ(羽白小千鳥、学名:Charadrius hiaticula)は、チドリ目チドリ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

グリーンランドからスカンジナビア半島、ユーラシア大陸の北極圏で繁殖し、冬期は西アジアからアフリカ中南部に渡りをおこない越冬する。

日本へは旅鳥または冬鳥として渡来するがまれである。越冬記録もある。

形態[編集]

全長約19cm。頭部の白黒の斑紋等はコチドリと似ているが、体長はやや大きい。体の上面の色が濃い砂褐色であること、翼の上面に白い帯があり(和名はこのことに由来している)飛んでいる時に目立つことで、コチドリと区別できる。

生態[編集]

日本では、干潟、入り江、海岸に近い水田等で観察されている。「プーイッ」のような柔らかい声で鳴く。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
チドリ小目 Charadriida
チドリ上科 Charadrioidea
チドリ亜科 Charadriinae


関連項目[編集]