マンクスミズナギドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンクスミズナギドリ
マンクスミズナギドリ
マンクスミズナギドリ Puffinus puffinusアイスランド
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ミズナギドリ目 Procellariiformes
: ミズナギドリ科 Procellariidae
: ミズナギドリ属 Puffinus
: マンクスミズナギドリ P. puffinus
学名
Puffinus puffinus
(Brünnich, 1764)
和名
マンクスミズナギドリ
英名
Manx Shearwater

マンクスミズナギドリ(マンクス水薙鳥、Puffinus puffinus)は、ミズナギドリ目ミズナギドリ科のなかで小形となる海鳥である[1]。別名ヒメミズナギドリ(姫水薙鳥)[1]

マンクス (Manx) は「マン島の」という意味で、かつて、カーフ・オブ・マンCalf of Man、マン島のすぐ南の小島)において、マンクスミズナギドリの大繁殖地が見られたことに由来する。だが、ここでの種は18世紀後半に、船の難破による偶発的なネズミの移入により減衰した。しかし近年、ミズナギドリの数を増加させるため、カーフ・オブ・マンからネズミが除去されている。

分布[編集]

北大西洋で繁殖し、主な繁殖地はイギリスアイルランド周辺の島や海岸の断崖である。冬季はアフリカ南部の海域[2]、および南アメリカ東部の南緯およそ10-50度の[3]ブラジル南部やアルゼンチン沖の水域へと、10,000km以上の渡りをする[4]

形態[編集]

全長約34cm (30-38cm)、翼開長約82cm (76-89cm)[3]。翼は真っ直ぐで細長い[5]。上面黒褐色、下面白色。白い翼下面の縁は暗色[5]。くちばしは細くて黒く、足は淡紅色[1]。雌雄ともよく似ており、周年同色で、幼鳥も成鳥とよく似る[3]

生態[編集]

水を薙ぐような飛翔(アイスランド)

普通は、ほとんど羽ばたかずに翼を左右に傾け、翼端が水面に触れるくらいに、水を「薙ぐ(刈る)」("shearing") ようにして飛ぶ。飛行中は翼を体と直角に保っていて十字形に見え、上面は黒く、下面は白いため、海面低く飛んでいると黒から白へと交互に変化して見える。

海に近接する斜面か平地に、雌雄で穴を掘って巣を作り[5]、集団で営巣する[1]。古いウサギの巣穴も使われることがある[5]。大形カモメ類の捕食を避けて夜のみ滞在し、4-5月に[1]、1個の白い卵を産む。約50日の間、平均するとほぼ6日ごと雌雄交代して抱卵する。親鳥は孵った雛をおよそ60日経つと置き去りにし、雛はその後8-9日で巣立つ[5]

繁殖期以外は海洋で生活する[5]。群れを作り、特に秋の渡りには船や岬から数多く見られる。海上では静かだが、夜、繁殖場所では騒がしく甲高い鳴き声でにぎわう。

海面上または水に浅く潜って捕食し[6]、小さな(特にニシンスプラットイワシsprat〉 、イワシ)、頭足類(イカなど)[5]甲殻類、漁船からの魚くずなど水面の臓物を餌とする[6]

左:マンクスミズナギドリ

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、426頁。ISBN 4-385-15378-7
  2. ^ Clements, James (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6th ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 12. ISBN 978-0-8014-4501-9. 
  3. ^ a b c Peter Harrison, SEABIRDS an identification guide, (Paperback, 1985) p. 86, p. 262-263. ISBN 0-395-60291-2.
  4. ^ T. G. Guilford, T; Meade, J; Willis, J; Phillips, RA; Boyle, D; Roberts, S; Collett, M; Freeman, R et al. (2009). “Migration and stopover in a small pelagic seabird, the Manx shearwater 'Puffinus puffinus': insights from machine learning”. Proc. Roy. Soc. B 276 (1660): 1215–1223. doi:10.1098/rspb.2008.1577. PMC 2660961. PMID 19141421. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2660961. 
  5. ^ a b c d e f g Peter Holden, Tim Cleeves, RSPB Handbook of British Birds 3rd Edition (Paperback, 2010) p. 72. ISBN 978-1-4081-2735-3.
  6. ^ a b 山岸哲監修、コリン・ハリソン、アラン・グリーンスミス 『鳥の写真図鑑』、日本ヴォーグ社、1995年、53頁。 ISBN 4-529-02562-4

外部リンク[編集]