ミヤマガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマガラス
Kovas.jpg
ミヤマガラス
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: カラス科 Corvidae
: カラス属 Corvus
: ミヤマガラス C. frugilegus
学名
Corvus frugilegus Linnaeus1758
和名
ミヤマガラス
英名
Rook

Image:Rook range map.PNG

ミヤマガラス(深山烏、深山鴉、Corvus frugilegus)は、鳥綱スズメ目カラス科カラス属の1種である。

分布[編集]

ユーラシア大陸中緯度地方。

日本では、越冬のため飛来する冬鳥で、かつては本州西部と、特に九州に飛来したが、現在はほぼ全国に飛来する。

ニュージーランドにもかつてイギリスからの移民によって、害虫駆除の目的で持ち込まれ帰化している。

形態[編集]

全長47cm、翼開長90cm。全身は黒い羽毛で覆われる。嘴は細く、成鳥では基部の皮膚が剥き出しになり白く見える。

生態[編集]

森林や農耕地に生息する。大規模な群れを形成する。コクマルガラスと混群を形成することもある。樹上にコロニーを形成し、木の枝等をお椀状に組み合わせた巣を作る。

食性は雑食で昆虫類、鳥類の卵や雛、果実種子等を食べる。

1回に3–5個の卵を産む。主にメスが抱卵し、その間オスはメスに対し捕らえた獲物を与える。

外部リンク[編集]

  • BirdLife International 2004. Corvus frugilegus. In: IUCN 2006. 2006 IUCN Red List of Threatened Species.
執筆の途中です この項目「ミヤマガラス」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類