キリアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キリアイ
Limicola falcinellus Hokkaido.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: キリアイ属 Limicola
: キリアイ
L. falcinellus
学名
Limicola falcinellus
和名
キリアイ
英名
Broad-billed Sandpiper

キリアイ(錐合、学名:Limicola falcinellus)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

スカンジナビア半島ロシア北極圏で繁殖し、冬期はアフリカ東北部や、中東、東南アジア、オーストラリア北部に渡って越冬する。

日本では旅鳥として春と秋の渡りの途中に飛来する。かつては大群が見られたこともあったが、近年は小規模の群れが観察されるだけで渡来数は多くない。特に春の渡りの時に渡来することは稀で、日本において冬羽を見る機会は少ない。

形態[編集]

体長約16cm。嘴は黒色で幅が広く、頭部に長さよりも長く長くて先端部は下にわずかに曲がっている。

成鳥夏羽は、背や肩羽が黒褐色で白色や赤褐色の羽縁がある。背には黄白色のV字斑がある。眉斑は白く、目の先で二つに分かれる。顔から腹にかけての体の下面は白く、顔から胸にかけて黒褐色の縦斑がある。成鳥冬羽は、体の上面が灰褐色になり、体の下面の縦斑の色も淡くなる。

雌雄同色である。

生態[編集]

非繁殖期には、干潟や河口、砂浜、水田等に生息する。日本では、ハマシギトウネンの群れに混じって行動していることが多い。繁殖期は、ツンドラや湿地に生息する。

水辺を歩き回りながら、主に貝類や甲殻類を捕食する。

繁殖期は6-7月で、地上に営巣する。雄が複数作った巣の中から雌が気に入ったものを選び、普通4卵を産む。抱卵日数は20-22日で雌雄で抱卵するが、育雛は雌が行う。

日本で聞かれる鳴き声は、「ビュール」「ジュール」など。少し濁った声である。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
シギ小目 Scolopacida
シギ上科 Scolopacoidea
シギ科 Scolopacidae

画像[編集]

左がキリアイ。

キリアイ

参考文献[編集]

関連項目[編集]