旧北区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧北区の位置

旧北区(きゅうほっく、PalearcticまたはPalaearctic)は、生物地理区の一区分である。

ユーラシア大陸ヒマラヤ山脈以北の領域(言い換えれば、南アジア・東南アジアをのぞいた全域、東アジア中央アジアヨーロッパを含む)、およびアフリカ北部(サハラ砂漠以北)の広大なエリアである。 面積は、5410万 km²。

日本は、トカラ列島南部の悪石島小宝島の間にある渡瀬線を境に、北が旧北区、南が東洋区に含まれる。

区内は、亜熱帯温帯亜寒帯寒帯と多彩で、また四季の変化がはっきりしている。

旧北区の代表的な動物として、ラクダヒツジウマノガン等がある。