ギンカモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギンカモメ
Seagull on sale pier.jpg
ギンカモメ Larus novaehollandiae
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: カモメ属 Larus
: ギンカモメ L. novaehollandiae
学名
Larus novaehollandiae
Stephens, 1826
和名
ギンカモメ
英名
Silver Gull

ギンカモメ (銀鷗、学名:Larus novaehollandiae)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類

分布[編集]

オーストラリアニューカレドニアに分布し、主に海岸地帯や内陸部を含めた川沿い、湖沼などに生息する。

亜種[編集]

形態[編集]

全長41cm (38-43cm) 、翼開長93cm (91-96cm) [2]。全体的に白色で、背や翼の上面は淡い灰色。初列風切羽の先端は黒色であるが初列風切羽の外側2枚の黒色部分の先端には白色の斑がある[3]。虹彩は白く[3]、くちばしと足は赤色。雌雄同色[2]。幼鳥の目、くちばし、足は黒色で、翼には淡褐色の斑がある[4]

生態[編集]

昆虫、魚類、甲殻類などを食べるが、ときには動物の死体を食べる(腐肉食)ことがある。また、海岸地帯や河川沿い、湖沼近くの公園などでは人から食料を得ることもある。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b James F. Clements, The Clements Checklist of the Birds of the World, 6th Edition, Cornell University Press, (2007) p. 102
  2. ^ a b Peter Harrison, SEABIRDS an identification guide, (Paperback, 1985) pp. 152, 352-353. ISBN 0-395-60291-2
  3. ^ a b 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、178頁。ISBN 4-385-15378-7
  4. ^ Pizzy, Greham (1997). Field Guide to the birds of Austraria. Australia: Angus & Robertson. p. p. 224. ISBN 0 207 19691 5. 
  • Field Guide to Australian Birds, Michael Morcombe, Steve Panish Publishing, 2004, ISBN 9781740215596
  • BirdLife International 2009. Larus novaehollandiae. In: IUCN 2009. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2009.2., Downloaded on11 February 2010.