アシナガウミツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アシナガウミツバメ
Oceanites oceanicusPCCA20070623-3634B.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ミズナギドリ目Procellariiformes
: ウミツバメ科Hydrobatidae
: アシナガウミツバメ属 Oceanites
: アシナガウミツバメ O. oceanicus
学名
Oceanites oceanicus
和名
アシナガウミツバメ
英名
Wilson's Storm-petrel
OceanitesDistribution.svg
分布図(生息域:青色)

アシナガウミツバメ(足長海燕、学名:Oceanites oceanicus)は、ミズナギドリ目ウミツバメ科に分類される鳥類の一種である。

名前の由来は、足が長いことより。

分布[編集]

南極大陸から亜南極の島々で繁殖し、非繁殖期は、太平洋、大西洋、インド洋を北上する。

日本近海には稀に渡来する。6-8月の記録が多いが、冬季に観察されたこともある。

形態[編集]

体長15-19cm、翼開長38-42cmである。体全体は黒褐色。足は黒色で長く、飛翔中尾羽を越えて張り出して見える。腰の白色部は、体の横を通って下尾筒まで達する。羽の上部に淡褐色の帯がある。

生態[編集]

非繁殖期は外洋で生活する。

食性は動物食で、主に浮遊性の甲殻類(オキアミ等)や小魚を捕食する。軟体動物や死肉を食べることもある。

繁殖形態は卵生。やや疎らなコロニーを形成し、岩の割れ目や地上に穴を掘って営巣する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

画像[編集]

下がアシナガウミツバメ、上はヒメウミツバメ

参考文献[編集]

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「アシナガウミツバメ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類