マガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マガモ
Anas platyrhynchos male female quadrat.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: Anas
: マガモ A. platyrhynchos
学名
Anas platyrhynchos
Linnaeus, 1758[2]
和名
マガモ(真鴨)
英名
Mallard
亜種

マガモ真鴨、学名:Anas platyrhynchos)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

北半球冷帯から温帯に広く分布し、北方で繁殖するものは冬季は南方への渡りをおこない越冬する。

日本では、亜種マガモが冬鳥として北海道から南西諸島まで全国的に渡来する。北海道と本州中部の山地では少数が繁殖する。 本州中部以南で、本種が繁殖したとの記録がたまに見受けられるが、これはアヒルアイガモが繁殖した可能性が高い。アヒル・アイガモとマガモは生物学的には同じ種であり、識別のしがたい場合もある。

形態[編集]

体長50-65 cm翼開長75-100 cm。繁殖期のオスは黄色のくちばし、緑色の頭、白い首輪、灰白色と黒褐色の胴体とあざやかな体色をしている。メスはくちばしが橙と黒で、ほぼ全身が黒褐色の地に黄褐色のふちどりがある羽毛におおわれる。非繁殖期のオスはメスとよく似た羽色(エクリプス)になるが、くちばしの黄色が残るので区別できる。幼鳥は、くちばしに褐色みがある。

生態[編集]

非繁殖期は、湖沼、河川、海岸に生息する。群れを形成して生活する。越冬中の10月末-12月につがいを形成し、春には雄雌が連れ立って繁殖地へ渡る。繁殖期は湖沼、池、湿地の周辺の草地などに生息する。

池にいるオスのマガモ
雌雄のマガモ

食性は植物食が主の雑食。水草の葉や茎、植物の種子、などを食べる。水面を泳ぐのは上手だがもぐれず、水中に首を突っ込んだり逆立ちしたりしてえさをとる様子がよく見られる。

繁殖形態は卵生。繁殖期は4-8月で、水辺に近い草地の地上に座って首で引き寄せられる範囲の草をあつめて浅い皿状の巣を作り、1~13個(平均11個)産卵する。卵は白色で平均サイズは57×41mm。他のカモ類と同様、抱卵育雛はメスのみで行う。卵は抱卵開始から28~29日で孵化し、雛は42~60日で飛べるようになる。

亜種[編集]

以下の亜種に分類される。

  • Anas platyrhynchos platyrhynchos マガモ
  • Anas platyrhynchos conboschus グリーンランドマガモ

大型で淡色。グリーンランドに分布。

  • Anas platyrhynchos maculosa マダラマガモ

北アメリカのメキシコ湾の沿岸に分布。

  • Anas platyrhynchos diazi メキシコマガモ

雌雄とも褐色。北アメリカのニューメキシコからメキシコ高地まで分布。

  • Anas platyrhynchos diazi フロリダマガモ

メキシコマガモと似るが、体色に赤みがある。フロリダ半島からメキシコ国境まで分布。

ハワイ諸島に分布。独立種Anas wyvillianaとして扱う説も有力である。

レイサン島に分布。独立種Anas laysanensisとして扱う説も有力である。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
カモ下目 Anserides
カモ亜科 Anatinae
カモ族 Anatini

人間との関係[編集]

狩猟[編集]

食用として古来から狩猟がおこなわれてきた。日本においては、鳥獣保護法により狩猟鳥に指定されている種の多くがカモ科であるが、各種カモ肉の中でも本種の肉は質、量ともに最高位とされる。本種の肉にはカルガモヒドリガモのような臭みがなく、その点も評価されるポイントになっている。

なお狩猟対象としての本種は、オスの特徴である緑色の頭部にちなんだアオクビという呼び方をされることが多い。

家禽[編集]

アヒル(右が♂・左が♀)

古来より人の手で家禽としても飼いならされてきた。アヒルの先祖はこのマガモであり、アヒルとマガモのかけあわせがアイガモである。もともと人になつきやすく、都市部の池などではよく餌付けされる。また、建物や街路樹の木のうろに営巣する例もあるという。

近年になって、アイガモ農法などでアイガモが野飼いされるようになり、それに伴ってアイガモとも本種とも見分けのつかない個体が出現するようになった。そういった兆候を捉えて、アイガモやアヒルと野生の本種の間で遺伝子汚染がかなり進んでいるといった懸念をする研究者もいる。

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本の以下の都道府県レッドリストの指定を受けている[3]

フォト・ギャラリー[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Anas platyrhynchos in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2012年3月2日閲覧。
  2. ^ Anas platyrhynchos Linnaeus, 1758” (英語). ITIS. 2012年3月2日閲覧。
  3. ^ 日本のレッドデータ検索システム(マガモ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年2月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年、117頁
  • 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、101頁
  • 『世界の動物|分類と飼育 ガンカモ目』、財団法人東京動物園協会、1980年、56-57頁

関連項目[編集]


外部リンク[編集]