ムナグロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムナグロ
泥地を歩く夏羽のムナグロ
泥地を歩く夏羽のムナグロ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: チドリ科 Charadriidae
: ムナグロ属 Pluvialis
: ムナグロ P. fulva
学名
Pluvialis fulva Gmelin, 1789[2]
和名
ムナグロ
英名
Pacific Golden Plover

ムナグロ胸黒、英名Pacific Golden Plover、学名:Pluvialis fulva)は、チドリ目チドリ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

シベリアアラスカ西部のツンドラで繁殖し、冬季は東南アジアオーストラリアインドアフリカ東部などへの渡りをおこない越冬する[3]

日本へは旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国に飛来する。本州の中部以南の地域では、越冬する個体もある。南西諸島小笠原諸島では、普通に越冬している。

形態[編集]

全長は約24 cm[3]翼開長は約60 cm[4]。雌雄同色[4]。成鳥夏羽は、顔から腹までの下部分が黒く、その上部に白い縁取りがある。背面は黄褐色と黒褐色の斑模様になっている。成鳥冬羽は、体下面が淡黄褐色で腹部が褐色がかった白色である。嘴は黒色。足は灰色みをおびた黒色である。

幼鳥は成鳥の冬羽と似ているが、全体に黄褐色みが強く翼の下面が白っぽい。

生態[編集]

繁殖期は極地のツンドラに生息し、6-8月に繁殖する。つがいで生活し、縄張りを持つ。巣は地上に作り、産卵数は普通4卵である。

食性は主に動物食で、昆虫類甲殻類などを捕食する。草原や田圃で植物の種子をついばむこともある。

渡りの時期や越冬時には、水田草原干潟河原河口などに生息する[3]。体型の似ているダイゼンと比べると、やや乾いた環境を好む傾向がある。特に、越冬地では干潟や河原よりも、畑や公園の芝生などの方でよく観察されている。

飛翔しながら「ピョピョー」「キビョー」などの声で鳴く。

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本の以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[5]

  • 絶滅危惧II類 - 東京都(区部、北多摩、南多摩、西多摩)[6]
  • 準絶滅危惧種 - 京都府(春秋に旅鳥として飛来し、近年減少している。)[7]
  • 準絶滅危惧 - 大阪府[8]
  • 一般保護生物(D) - 千葉県(環境省の準絶滅危惧種に相当。)[9]
  • 減少種 - 神奈川県(非繁殖期)[10]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
チドリ小目 Charadriida
チドリ上科 Charadrioidea
チドリ亜科 Charadriinae

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Pluvialis fulva in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2012年5月4日閲覧。
  2. ^ Pluvialis fulva (Gmelin, 1789)” (英語). ITIS. 2012年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c 山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥 (2006)、220-221頁
  4. ^ a b ひと目でわかる野鳥 (2010)、92頁
  5. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ムナグロ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年7月15日閲覧。
  6. ^ レッドデータブック・東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)2010年版 (PDF)”. 東京都. pp. 48 (2011年). 2012年7月15日閲覧。
  7. ^ レッドデータブック・ムナグロ”. 京都府 (2002年). 2012年7月15日閲覧。
  8. ^ 大阪府レッドデータブック・ムナグロ”. 大阪府 (2000年). 2012年7月15日閲覧。
  9. ^ 千葉県レッドデータブック−動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 117 (2011年). 2012年7月15日閲覧。
  10. ^ 鳥類 神奈川県レッドリスト”. 神奈川県 (2006年). 2012年7月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 溪谷カラー名鑑『日本の野鳥』、山と溪谷社
  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社
  • 叶内拓哉、安部直哉 『山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥』 山と溪谷社、2006年10月1日、第2版。ISBN 4635070077
  • 『ひと目でわかる野鳥』 中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月ISBN 978-4415305325

関連項目[編集]