サルハマシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルハマシギ
サルハマシギ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: オバシギ属 Calidris
: サルハマシギ C. ferruginea
学名
Calidris ferruginea
和名
サルハマシギ
英名
Curlew Sandpiper
Calidris ferruginea

サルハマシギ(猿浜鷸、学名:Calidris ferruginea)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

シベリア北部の北極圏で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、オーストラリアへの渡りをおこない越冬する。

日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時に全国各地に渡来するが数は少ない。

形態[編集]

全長19.5~21cm。

ハマシギに形は似ているが、夏羽の色彩は頭部から胸、腹にかけて鮮やかな赤褐色(下図を参照)であることで区別できる。冬羽は体の上面が灰褐色で下面は白くなり、ハマシギとの区別が難しくなるが、眉斑が白くはっきりしていることと、嘴と首が本種の方が長いことで区別できる。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
シギ小目 Scolopacida
シギ上科 Scolopacoidea
シギ科 Scolopacidae


右の橙色がサルハマシギ。中央の腹部が黒いのはハマシギ


関連項目[編集]