モウコノウマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モウコノウマ
Przewalskis-horse-036437.jpg
保全状況評価[1]
CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウマ目 Perissodactyla
: ウマ科 Equidae
: ウマ属 Equus
: ノウマ E. ferus
亜種 : モウコノウマ E. f. przewalskii
学名
Equus ferus przewalskii
(Poliakov, 1881
シノニム

Equus przewalskii

英名
Przewalski's Wild Horse

モウコノウマ(蒙古野馬、Przewalski's Wild Horse、学名:Equus ferus przewalskii)は、シマウマノロバを除いた唯一の現存する野生馬。かつてアジア中央部、特にモンゴル周辺(アルタイ山脈周辺)に多数棲息していたが、野生下では一度絶滅し、飼育個体の子孫を野生に戻す試みが各地で続けられている。英語圏での別名は"Asian Wild Horse"、または"Mongolian Wild Horse"である。かつての原産地モンゴルでは「魂」を意味する、タヒ、またはタキ("Takh"あるいは"Takhi")と呼ばれている。

形態[編集]

頭胴長2.2 - 2.6m、体高1.2 - 1.4m、体重200 - 300kgほど。毛色はいわゆる薄墨毛で、全体的に淡い褐色、四肢と鬣、尾は濃い褐色になる。冬になると毛の色合いが薄くなり、かつ毛が長くなる。鬣は常に直立しており、家畜馬のように倒れない。口先に白いポイントがある。体型はがっしりとしており、サラブレッドなどの競走馬が持つ華奢なイメージは無い。背中に「鰻線(まんせん)」と言う濃い褐色の帯がある。

生態[編集]

年長のメスに率いられた小規模の群れで暮らす。群れの構成はリーダーメスを中心に数頭のメスとその子供からなり、群れの周辺には1頭前後のオス個体がいる。草原の草を食べる典型的なグレイザーである。

発見から絶滅、再野生化まで[編集]

西洋諸国に知られるようになったのは1879年である。ロシアの探検家プルツェワルスキー大佐によってモンゴルで発見され、広く知られるようになった(学名及び英名は発見者に対する献名)。しかし1966年ハンガリーの昆虫学者によって目撃されたのを最後に野生下での目撃情報が確認されなくなり、恐らく1968年頃に野生下では一度絶滅したと見られている。だが発見以後多くの個体が欧米諸国の動物園に送られており、その子孫が生き残っていた事から、飼育下での計画的な繁殖が始められ、再野生化が試みられた。現在は、世界各地の動物園で1000頭以上が飼育されている。モンゴルのフスタイ=ヌルー保護区で再野生化が行われ百頭以上に回復している。また、新疆ウイグル自治区の自然保護区等で、再野生化の目的で飼育個体の一部の導入が行われている。

脚注[編集]

  1. ^ Boyd, L.; Zimmermann, W. & King, S.R.B (2008年). “Equus ferus ssp. przewalskii”. 2008 IUCN Red List of Threatened Species.. IUCN. 2009年2月1日閲覧。