ニホンノウサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニホンノウサギ
Lepus brachyurus eating grass.JPG
ニホンノウサギ Lepus brachyurus
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウサギ目 Lagomorpha
: ウサギ科 Leporidae
: ノウサギ属 Lepus
: ニホンノウサギ L. brachyurus
学名
Lepus brachyurus Temminck, 1844
シノニム

Lepus brachyurus etigo Abe, 1918

和名
ニホンノウサギ
ノウサギ
英名
Japanese hare

ニホンノウサギ(日本野兎、Lepus brachyurus)は、動物界脊索動物門哺乳類ウサギ目(兎形目)ウサギ科ノウサギ属に分類されるウサギ。旧和名ノウサギ

分布[編集]

  • L. b. brachyurus キュウシュウノウサギ

日本(本州太平洋側>、四国九州[1][2]固有亜種

模式標本の産地(模式産地)は長崎県[2]

  • L. b. angustidens トウホクノウサギ

日本本州日本海側>)[1][2]固有亜種

  • L. b. lyoni サドノウサギ

日本(佐渡島[1][2][3]固有亜種

  • L. b. okiensis オキノウサギ

日本(隠岐諸島[1][2]固有亜種

形態[編集]

体長45-54センチメートル[1]。尾長2-5センチメートル[1]体重1.3-2.5キログラム[1]。全身の毛衣は褐色、腹部の毛衣は白い[1]。耳介の先端は黒い体毛で被われる[1]

耳長6-8センチメートル。後足長12-15センチメートル。

東北地方や日本海側の積雪地帯、佐渡島の個体群は冬季に全身の毛衣が白くなる[1]。積雪する地域では秋頃より体毛の色が抜け落ちはじめ、冬には耳介の先端の黒い体毛部分を除き白化し、早春頃より白い体毛が抜け、徐々に赤褐色から茶褐色の体毛が生えてくる[4][5]

分類[編集]

4亜種に分ける説もある[1]。毛色や後足長から亜種を区別できるとされるが、分布域の境目が不明瞭なこと、毛色は日照時間や気温によって変化することなどから特に亜種トウホクノウサギは有効性を疑問視する説もある[2]

  • Lepus brachyurus brachyurus Temminck, 1845 キュウシュウノウサギ
  • Lepus brachyurus angustidens Hollister, 1912 トウホクノウサギ
  • Lepus brachyurus lyoni Kishida, 1937 サドノウサギ
  • Lepus brachyurus okiensis Thomas, 1906 オキノウサギ

生態[編集]

低山地に生息するニホンノウサギ
伊吹山の山麓にて

亜高山帯まで(主に低山地から山地)の草原森林などに生息する[1]。群れは形成せず単独で生活する。特定の巣は持たないが、ねぐらを中心に半径が約400mの範囲で行動する。夜行性[1]、昼間は藪や木の根元などで休む。天敵としてはキツネオコジョイヌワシクマタカなどが挙げられる。

食性は植物食で、樹皮などを食べる[1]

北部の地域のニホンノウサギは冬から夏にかけて、南部の地域のニホンノウサギは一年中、繁殖を行う。メスは複数のオスと交尾をし、特定のつがいを作らない[4]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は42-47日[1]。1回に1-4頭(主に2頭)の幼獣を年に3-5回に分けて産む[1]。幼獣は生後1週間ほどで自分で植物を食べ始めることができ、1ヶ月ほどで独立し、8-10ヶ月で性成熟をし、繁殖に参加できるようになる[4][5]。寿命は4年未満[1]

人間との関係[編集]

簡単な罠で捕獲することができ、食用としてや毛皮が利用された[4]。農作物やスギやヒノキなどの植林の苗木を食害する害獣とみなされることもある。

開発による生息地の減少、害獣として駆除などにより生息数は減少している。亜種サドノウサギは1959-1963年に食害対策として人為的に移入されたホンドテンの影響により生息数が減少し、新潟県のレッドデータブックでは準絶滅危惧に指定されている[3]

東京都版レッドデータブック -Cランク

  • L. b. brachyurus キュウシュウノウサギ
    • 埼玉県版レッドデータブック - 地帯別危惧(RT)
    • 山口県版レッドデータブック - 準絶滅危惧
    • 鹿児島県版レッドデータブック - 分布特性上重要
  • L. b. angustidens トウホクノウサギ
    • 山口県版レッドデータブック - 情報不足
  • L. b. lyoni サドノウサギ 準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト[a 2]
    Status jenv NT.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 阿部永監修、阿部永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎吾・米田政明 『日本の哺乳類【改訂2版】』 東海大学出版会、2008年、151頁。
  2. ^ a b c d e f 川道武男、山田文雄 「シリーズ 日本の哺乳類 種名検討編、日本産ウサギ目の分類学的検討」『哺乳類科学』Vol. 35、日本哺乳類学会1996年、197-198頁。
  3. ^ a b 新潟県環境生活部環境企画課 『レッドデータブックにいがた -新潟県の保護上重要な野生生物-』新潟県、2001年、36頁。
  4. ^ a b c d 日高敏隆監修、日本動物大百科1 哺乳類I、平凡社、2002年3月22日 初版第3刷、P54-64、ISBN 4582545513
  5. ^ a b 小宮輝之、日本の哺乳類、学習研究社、2002年、P66-67

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Yamada, F. & Smith, A.T. 2008. Lepus brachyurus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ 環境省