阿部余四男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿部 余四男(あべ よしお、1891年(明治24年)1月3日 - 1960年(昭和35年)4月22日)は、日本動物学者

家族[編集]

教師をしていた父・阿部富太郎と医師の娘であった母・ゆきの四男として生まれる 。8人兄弟で、兄の阿部次郎(次男:東北帝国大学法文学部美学講座の初代教授)は哲学者・美学者(「三太郎の日記」の著者)、同じく兄の三也(三男:陸軍大学出身の軍人)、弟に竹岡勝也(日本史学者、九州帝国大学、北海道帝国大学、東北帝国大学教授)、阿部六郎(ドイツ文学者、旧制成城高校・東京芸術大学教授)がいる[1]。日本におけるメクラグモ研究の第一人者であった鈴木正将助教授(当時)は女婿[2]。阿部余四男の長兄(富太郎とゆきの長男)である一郎の長男で、余四男の甥にあたる阿部襄(のぼる)(1907-1980)は戦前、日本学術振興会研究員として「パラオ熱帯生物研究所」に派遣されてサンゴなどの研究をおこなった生物学者・生態学者であり[3]; [4]、山形大学農学部教授、山形大学名誉教授となった([5])。祖父は七郎右衛門、祖母はわかで、「阿部記念館」に祖父母の写真があるという[3]

人物[編集]

阿部余四男は、1891年(明治24年)山形県飽海郡上郷村(後の松山町)(現:酒田市)大字山寺に生まれる[6]渡瀬庄三郎教授の高弟として1916年大正5年)東京帝国大学理科大学動物学科を卒業し、東京帝国大学理学部嘱託、ヨーロッパ留学をへて、第二高等学校、広島高等師範学校教授を歴任し、1929年(昭和4年)広島文理科大学教授となる[7]広島文理科大学(現在の広島大学)の教授時代に指導した佐藤井岐雄より、彼の発見・命名した新種のサンショウウオの名前に献名された(アベサンショウウオ Hynobius abei Sato, 1934)。渡瀬庄三郎東京帝国大学教授の高弟の1人であったため、渡瀬氏が1918年大正7年)食用蛙を日本に輸入し伝研の池に飼育した時に山田信一郎河野卯三郎とともに阿部余四男もその世話をおこなっている(理学部嘱託時代)(高島春雄, 1961)。広島大学広島文理科大学教授、広島大学向島臨海実験所所長などを歴任する。ノウサギの毛色変化やニホンオオカミの研究のほか、「動物学講義」などの著作でも知られる。中国大陸、日本列島産の哺乳動物相全般についての幅広い見識は、後半生における地理的分布論に反省されている。若い頃からの多方面にわたる10数冊の著書によってその当時の多くの動物学徒を啓発したことも功績として認められている。哺乳類学者として知られる阿部であるが、彼が指導した学生の研究材料は節足動物や軟体動物など幅広い分類群にわたっていた[8]。分類学にも深い興味をもち、ウサギ、イノシシ、オオカミ、アマミトゲネズミに関する報告があるが、分類学者ではなかった。広島ペンクラブ会長(初代)。1960年昭和35年)4月22日逝去。享年69。

年譜[編集]

著書[編集]

  • 阿部余四男 編 『現​代​の​遺​伝​進​化​学』 内​田​老​鶴​圃、大正4。 
  • 阿部余四男 著 『実​験​生​命​論』 岩​波​書​店、1917(大正6)。 
  • 阿部余四男 著 動​物​学​講​義. ​​岩​波​書​店[10], (大正10年)1921年
  • 神田正悌, 阿部余四男 著 『両​性​論』 岩​波​書​店、(大正13)1924。 
  • 阿部余四男 編 『現​代​の​遺​伝​進​化​学』 ​​内​田​老​鶴​圃、(大正13)1924。 
  • 阿部余四男 著 『実​験​生​命​論』 岩​波​書​店、(大正14)1925。 
  • 神田正悌, 阿部余四男著 『最​近​中​等​博​物​通​論』 三​省​堂、1926年11月 
  • 阿部余四男著 『最​近​中​等​動​物​學』 三​省​堂、1926年8月 
  • 阿部余四男 著 『人​体​解​剖​生​理​学​講​義』 岩​波​書​店、(昭和3)1928。 
  • 阿部余四男著 『最​近​中​等​動​物​學』 三​省​堂、1930年11月 
  • 神田正悌, 阿部余四男共著 『最​近​中​等​博​物​通​論』 三​省​堂、1930年10月 
  • 阿部余四男著 『新​制​中​等​動​物​學​ ​:​ ​乙​表​準​據』 三​省​堂、1931年11月 
  • 阿部余四男[著] 『毛​の​生​物​學』 岩​波​書​店、1931年2月 
  • 阿部余四男 著 『女​子​動​物​学​参​考』 三​省​堂、(昭和10)1935。 
  • 阿部余四男 著 『動​物​学​参​考』 ​​三​省​堂、(昭和10)1935。 
  • 阿部余四男 著 『動​物​学​通​論』 三​省​堂、(昭和10)1935。 
  • 阿部余四男 著 『新​撰​動​物​学』 同​文​書​院、(昭和11)1936。 
  • 阿部余四男[著] ; 犬飼哲夫[著] 『動​物​解​剖​學​實​驗​法​ ​:​ ​脊​椎​動​物​ ​;​ ​動​物​發​生​學​實​驗​法』 建​文​館、1937.10-1938.2。 
  • 阿部余四男著 『脊​椎​動​物』 ​​建​文​館、1937年10月 
  • ダーヰン著 ; 阿部余四男譯 『育​成​動​植​物​の​趨​異​ ​1​ ​~​ ​2』 ​​岩​波​書​店、1937年 
  • 阿部余四男 『生物学綱要』 三省堂、1938年NCID BN04074707 
  • 阿​部​余​四​男​[​著​], 福井玉夫[著] 『動​物​解​剖​學​實​驗​法​ ​:​ ​無​脊​椎​動​物​ ​;​ ​動​物​解​剖​學​實​驗​法​ ​:​ ​脊​椎​動​物』 建​文​館、1939.3​​。 
  • 阿部余四男 著 『人​間​生​物​学』 思​潮​社、(昭14)1939。 
  • 阿部余四男 著 『動​物​閑​談』 三​省​堂、(昭和17)1942。 
  • 阿部余四男 著 『生​存​競​争​の​科​学』 山​海​堂​出​版​部, (昭和18)1943。 
  • 阿部余四男 著. 生​命​の​科​学​的​概​念 白​揚​社、(昭和18)1943。 
  • 阿部余四男 『支​那​哺​乳​動​物​誌』 目​黒​書​店、1944年 
  • 阿部余四男 著 『生​命​の​科​学​的​概​念』 白​揚​社、1947年 
  • 阿部余四男 著 『家​畜​の​歴​史​と​遺​伝』 文​祥​堂、1948年 
  • 阿部余四男 著 『​​動​物​界​の​観​察​と​考​察』 日​本​出​版​社、1948年 
  • 阿部次郎ほかとの共著 『根芹』 金文堂出版部、1948年 (昭和23年)
  • 阿部余四男ほか監修 『生物学大系 全8巻』 中山書店、1952年 (昭和27年)
  • 阿部余四男, 中江大部 監修 ; 学校図書研究会 著 『理​科​の​学​習​ ​4​年​生​ ​上』 ​​学​校​図​書、1952年 
  • 阿部余四男, 中江大部 監修 ; 学校図書研究会 著 『り​か​の​が​く​し​ゅ​う​ ​1​ね​ん​せ​い』 ​​学​校​図​書、1952年 
  • 阿部余四男, 中江大部 監修 ; 学校図書研究会 著 『り​か​の​が​く​し​ゅ​う​ ​2​年​生』 学​校​図​書、1952年 
  • 阿部余四男, 中江大部 監修 ; 学校図書研究会 著 『り​か​の​が​く​し​ゅ​う​ ​3​年​生』 学​校​図​書、1952年 
  • 阿部余四男校閲 ; 鹿戸武治編 『学​生​動​物​図​鑑』 保​育​社、1954年9月 
  • 阿部余四男ほか監修 『りかのがくしゅう』 学校図書、1957年 (昭和32年)
  • 江崎梯三 ; 岸田久吉 ; 福井玉夫 ; 阿部余四男 『動物分類学研究法 : 無脊椎動物 . 動物分類学研究法 : 脊椎動物. 動物解剖学実験法 : 無脊椎動物 . 動物解剖学実験法 : 脊椎動物』 建​文​館 生物学実験法講座 6、[出版年不明]。 NCID BA73088276 

論文[編集]

献名された種[編集]

参考文献[編集]

  • 阿部次郎、阿部余四男、竹岡勝也、阿部六郎「根芹」 金文堂出版部、1948年(昭和23年)
  • 今泉 吉典(1961)阿部先生の思い出 哺乳動物學雑誌 2(1): 2

脚注[編集]

  1. ^ 阿部次郎略年譜[1]
  2. ^ 高島春雄(1961)阿部余四男先生 哺乳動物學雑誌 2(1): 1-2
  3. ^ a b 久恒啓一「今日も生涯の一日なり」2007/05/06 [2]
  4. ^ 近藤順, 1988. 自然誌古典文庫創始号[3]
  5. ^ ず・ぼん6●特集:児童書は元気かい? 文庫のひと[4]
  6. ^ 阿部次郎 『根芹』 金文堂出版部、1948年NCID BN02679864 
  7. ^ 内田照章「III 阿部余四男. 平岩馨邦の業績」、『哺乳類科学』第9巻第1号、日本哺乳類学会1969年、 21-28頁、 NAID 130000886092
  8. ^ 山内健生 (2013) 広島文理科大学動物学教室における卒業論文. 広島大学総合博物館研究報告, 5: 87-94
  9. ^ 阿部 余四男[5]
  10. ^ 阿部余四男 『動物學講義』 岩波書店、1921年NCID BA47575101 

外部リンク[編集]