鳥羽水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥羽水族館
TOBA AQUARIUM
Toba Aquarium front view 2011.jpg
施設情報
正式名称 株式会社 鳥羽水族館
愛称 TOBA AQUARIUM
前身 丸幸商店
専門分野 総合
事業主体 株式会社 鳥羽水族館
管理運営 株式会社 鳥羽水族館
館長 仲野千里
面積 24,537.155m2
頭数 20,000頭
種数 1,000種超[1]
水槽総容量 6,000t
来園者数 94万人(2009年)[2]
主な飼育動物 ラッコジュゴン
開館 1955年5月15日
所在地 517-8517
三重県鳥羽市鳥羽三丁目3番6号
位置
アクセス 近鉄志摩線中之郷駅より徒歩2分
公式サイト 鳥羽水族館
テンプレートを表示

鳥羽水族館(とばすいぞくかん、TOBA AQUARIUM)は、三重県鳥羽市に本拠地を置く、日本屈指の規模を誇る水族館である。水族館自体も飼育種類数日本一をキャッチコピーとしている。自然の環境を再現したゾーンが12あり、それらには約1200種類30,000点もの海や川の生きものが飼育・展示されている。通路は観覧順序を無くした自由通路となっており、通路全長は約1.5kmである。2009年(平成21年)の入場者数は94万人で日本全国の水族館で第8位である[2]

1955年(昭和30年)に開館した私営の水族館である。三重県立博物館とは密接な協力関係にある[3]

歴史[編集]

開館の契機となったのは、ミキモト真珠島を訪れる観光客で真珠島に渡る際[注 1]、対岸の丸幸水産生け簀が見え、帰りにそれを見学に観光客が来たことによる[4]。これを受け1955年(昭和30年)5月15日合資会社丸幸商店が[5]日本で26番目の水族館としてオープンさせた。当時の入場料は20円(小人は半額)で専属の職員は5名だったが、丸幸水産の社員も運営に駆り出されたという[6]。最初の水族館は200を4つに区切り、ペンギンアシカタイハマチなどを放流した「手作りの水族館」で[4]、ガイドのいることを売りにしていた[6]

1956年(昭和31年)には株式会社鳥羽水族館となった[5]1958年(昭和33年)1月31日に、博物館法上の私立博物館に指定された[7]

当初は現在地より西寄りにあったが、手狭になったため、神鋼電機旧鳥羽工場用地だった現在地を譲り受け1990年(平成2年)に移転した。

オープン以後、多くの家族連れらが訪れ、通算5000万人を超える全国最多入館者数を誇っている。2009年(平成21年)8月3日には日本初となる入館者数累計5500万人を達成。会館55周年にあたる2010年(平成22年)3月8日には5555万5555人に達した。

絶滅の危機にある希少海洋生物の保護・育成にも力を入れており、スナメリの赤ちゃんや日本初のラッコ2世の誕生、ジュゴン飼育の世界記録11,475日(31年5か月)[8]オウムガイ飼育の世界記録[9]も保持している。世界記録を更新していたオスのジュゴン・じゅんいちは2011年(平成23年)2月10日に推定33歳で亡くなった[8]

創設者・前館長の中村幸昭は現在、名誉館長。中村は、渋沢敬三から「よい水族館に育て、利益が上がったら学術研究、社会教育に還元しなさい」と言われ、この言葉を胸に刻み[6]上述の通り実現している。2011年(平成23年)現在、館長は古田正美[10]

館内と主な動物[編集]

アフリカマナティー
日本で唯一飼育されているジュゴンの「セレナ」

ダイオウグソクムシ[編集]

鳥羽水族館で2007年9月から飼育されているダイオウグソクムシの1個体 (No.1、愛称「1号たん」) は、2009年1月2日に餌を食べて以来、月1度の餌やりにも反応せず、2014年1月に絶食から6年目に達し話題となっている[13]。もともと飢餓に強いダイオウグソクムシであるが、ここまで長い期間絶食した例はない。ニコニコ生放送では絶食状態のダイオウグソクムシの様子を長時間配信する企画を行い、思わぬ人気を博す。2014年2月14日午後5時ごろ、飼育員がバレンタインデーに合わせた餌やりに来たところ、「1号たん」の死亡が確認された[14]死因は不明で、絶食期間は1869日間に及んだ[14]。今後、冷凍保存される予定である[14]2月18日に「悲報 ダイオウグソクムシ1号たん追悼番組」がニコニコ生放送で配信され、一時鳥羽水族館のサーバーがダウンするほどのアクセスが集中した[15]

それとは別個体であるNo.9、愛称「9号たん」が2013年6月に死亡した際も追悼放送された。

2014年7月にはドワンゴからダイオウグソクムシの巨大模型(幅1.5m×奥行0.85m×高さ1.35m)が寄贈され、ダイオウグソクムシの展示されている「へんな生き物研究所」のコーナーに飾られている[16]

水中入社式[編集]

鳥羽水族館では、大型水槽の中で「水中入社式」と呼ばれる入社式を毎年開催している[17]。水族館の先輩職員の発案で始まり[18]2013年(平成25年)で7回目になる[19]

水中入社式は、ウェットスーツの上からスーツを着た新入社員(飼育員)が、ボンベを背負い水中メガネ足ひれを装着して水槽に入り、防水加工を施した辞令を受け取り、「初仕事」として水中で水槽のガラスを磨く、というものである[20]。入社式の様子は一般の来館者が見ることができ、新入社員は来館者に向けて水中で挨拶を行う[17]。2013年の新入社員の1人は、式後に「Wikipediaに載っていないような情報を発信していきたい」とコメントした[19]

その他[編集]

NHKの「みんなのうた」で1986年(昭和61年)頃に放送されていた曲『いたずラッコ』のバックで流れているラッコの実写映像の撮影地は、ここ鳥羽水族館である。

入り口では日本語のほかに、中国語韓国語英語のパンフレットも配布している。台湾語のパンフレットも用意されているが、実際には繁体字版中国語のパンフレットのためビン南語(台湾語)のパンフレットではない。

交通[編集]

近鉄中之郷駅方面から撮影

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 当時、ミキモト真珠島には現在のように「パールブリッジ」が架けられていなかったため、鳥羽本土から船で島へ渡っていた。

出典

  1. ^ a b 朝日新聞社"カピバラも仲間入り 鳥羽水族館、1千種類超える"2011年1月15日.(2011年2月25日閲覧。)
  2. ^ a b 観光スポット総合案内"水族館の入場者数ランキング « 観光スポット 総合案内 /個別ご案内コーナー"(2011年2月25日閲覧。)
  3. ^ 藤岡(1974):156ページ
  4. ^ a b 岩中ほか(1992):126ページ
  5. ^ a b 鳥羽市史編さん室(1991):1312ページ。
  6. ^ a b c 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会 編(1997):65ページ
  7. ^ 1958年(昭和33年)1月31日文部省告示第17号「博物館に相当する施設を指定する件」
  8. ^ a b 林(2011)
  9. ^ 「オウムガイ 飼育世界一 鳥羽水族館、1690日」中日新聞2014年2月25日付朝刊、社会面33ページ
  10. ^ 朝日新聞社"飼育記録世界一、鳥羽水族館のジュゴン死ぬ"2011年(平成23年)2月11日.(2011年(平成23年)2月25日閲覧。)
  11. ^ 「へんな生きもの研究所」7/13 OPEN!! | イベント・新着情報 | 鳥羽水族館公式ホームページ
  12. ^ 鳥羽水族館「へんな生きもの研究所」ー4年半絶食ダイオウグソクムシ「センター」に
  13. ^ 謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」丸5年絶食記録更新、ますます謎深まる 2014年1月2日
  14. ^ a b c ダイオウグソクムシ、絶食1869日で死す…鳥羽水族館”. 読売新聞 (2014年2月15日). 2014年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧。
  15. ^ 東京ウォーカー. “グソク界のアイドル・1号たん追悼番組にネット回線がパンク状態!”. Yahoo!ニュース. 2014年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧。
  16. ^ 中谷秀樹"模型も人気「No.1」? ダイオウグソクムシ 鳥羽水族館にお目見え"中日新聞2014年8月13日付朝刊、伊勢志摩版10ページ
  17. ^ a b “魚やカメも門出お祝い 鳥羽水族館で水中入社式”. 日本経済新聞. (2013年3月31日). オリジナル2013年4月18日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0418-2244-21/www.nikkei.com/article/DGXNASFK3100V_R30C13A3000000/ 2013年4月18日閲覧。 
  18. ^ 鳥羽水族館 (2013年3月31日). “今年も開催 大水槽で水中入社式”. 鳥羽水族館. 2013年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月18日閲覧。
  19. ^ a b “鳥羽水族館で「水中入社式」-黒のスーツの上に空気ボンベ背負って”. 伊勢志摩経済新聞. (2013年3月31日). http://iseshima.keizai.biz/headline/1695/ 2013年4月18日閲覧。 
  20. ^ 「飼育員1年生 水槽で入社式 鳥羽水族館 スーツ姿でドキドキ、ブクブク…。」中日新聞2013年4月7日付朝刊、ジュニア中日17ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]