クリオネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリオネ
Sea angel.jpg
ハダカカメガイ Clione limacina
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 裸殻翼足目 Gymnosomata
後鰓目 Opisthobranchia
亜目 : 裸殻翼足亜目 Gymnosomata
: ハダカカメガイ科(クリオネ科) Clionidae
: クリオネ属 Clione
学名
Clione Pallas1774
  • Clione antarctica
  • ハダカカメガイ Clione limacina
ハダカカメガイ。神戸市立須磨海浜水族園での展示。
ハダカカメガイ。オホーツク流氷館での展示。

クリオネ (Clione) は、軟体動物門腹足綱裸殻翼足類(裸殻翼足目、または後鰓目裸殻翼足亜目)ハダカカメガイ科の1属である。クリオネ属ハダカカメガイ属。日本ではハダカカメガイ(裸亀貝) Clione limacina が知られる。

ギリシア神話に登場する文芸の女神たちムーサイの一柱クレイオーΚλειώ, ラテン語Clio)に由来する。

特徴[編集]

巻貝の仲間であるが、成長すると完全に貝殻を失う(裸殻翼足類共通の特徴である)。

体は透明な部分が多く、体の前半に局在する内臓のみが不透明である。胴体の前部に透明な1対の翼足 (pteropods) があり、翼足を動かして遊泳する。この姿から「流氷天使」あるいは「氷の妖精」と呼ばれ、英語では sea angel とも呼ばれる[1]。ただしsea angel はもっと広く、裸殻翼足類の総称的に使われることが多い。

分布[編集]

両極をかこむ寒流域に広く分布している。日本でも北海道沿岸の海でハダカカメガイ Clione limacina が一年中見られる。カナダ西海岸のクリオネは、体長が一回り大きく、食物の違いで内臓が緑色をしている。

[編集]

ハダカカメガイ[編集]

北極海、北大西洋、北西太平洋の寒流域に棲息する。表層0mから600mまで生息し、表層(200m以浅)を中心に分布する[2]

体長は約1 - 3cm。体はほぼ円筒形、前方にある左右に張った翼状の足(翼足)を羽ばたくようにして水中を泳ぐ。体は頭部と腹部に分かれており、半透明で体内が透けて見える。赤く見えるのは生殖腺や中腸腺である。遊泳力は強いものではなく、プランクトンとして生活している[2]。幼年期初期には植物プランクトンをろ過捕食し、成長後に肉食性を示す[2]。餌は小動物、特に近縁な翼足類のミジンウキマイマイ(Limacina helicina)等。嗅覚によりそれを見つけると接近し、頭部からバッカルコーン buccal cone(口円錐)と呼ばれる六本の触手を伸ばし、それで餌を抱え込むようにして、その養分をゆっくりと吸収する。肉食に成長したクリオネは飢餓に強く、1年間の絶食にも耐える[2]

種小名の limacinaラテン語ナメクジ limax の女性属格(ナメクジの)である。

Clione antarctica[編集]

南極海カナダアラスカ北欧の寒流域に棲息する。

脚注[編集]

  1. ^ 日本おさかな雑学研究会 『頭がよくなる おさかな雑学大事典』 p.100 幻冬舎文庫 2002年
  2. ^ a b c d 地球の鼓動に耳をすませば -東海大学新聞連載コラム- (32)流氷の使者クリオネ 東海大学新聞掲載日2004年2月20日 著者・浜岡荘司紋別市流氷都市推進室参事 東海大学新聞編集委員会深海の天使♥ 2013-01-26 13:14:28 沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ どちらも2013年1月28日閲覧。