沼津港深海水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沼津港深海水族館
シーラカンスミュージアム
沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpg
施設情報
専門分野 水族館
事業主体 佐政水産[1][2]
館長 石垣幸二(いしがきこうじ)[1]
面積 約1,000平方m(展示スペース)
約150坪(敷地面積)[3]
頭数 約3,000匹(オープン時)[4]
種数 約300種(オープン時)[4][5]
来園者数 2012年9月にのべ20万人[6]
開館 2011年12月10日[7]
所在地
静岡県沼津市千本港町83
位置 北緯35度5分2.3秒 東経138度51分29.4秒 / 北緯35.083972度 東経138.858167度 / 35.083972; 138.858167座標: 北緯35度5分2.3秒 東経138度51分29.4秒 / 北緯35.083972度 東経138.858167度 / 35.083972; 138.858167
アクセス JR沼津駅よりバス沼津港下車[8]
公式サイト http://www.numazu-deepsea.com/
テンプレートを表示

沼津港深海水族館(ぬまづこうしんかいすいぞくかん)は静岡県沼津市沼津港(「港八十三番地」内)にある深海をテーマにした水族館。世界で唯一シーラカンスの冷凍標本がみられるシーラカンスミュージアムである[9]

施設[編集]

冷凍保存のシーラカンス

日本一深い駿河湾の深海と、3億5千万年前から深海で生き続けていた深海の生きた化石シーラカンスを目玉とした水族館。静岡には最深部 2,500m の駿河湾があり深海生物の宝庫で、また沼津港を地元が自慢できる港にしたいとの思いから、地元の水産会社が約6億円かけて2011年に沼津港に創設[9][1]。またシーラカンス5体を数億円で購入[要出典]。1階が深海をテーマにした水族館であり[3]、2階は博物館「シーラカンスミュージアム」が設置され[3]、同年12月のオープン時に深海魚50種をはじめとする300種3,000匹で開設された[10]

深海生物をテーマとした水族館は世界初[要出典]。深海生物は、捕獲や飼育が難しく、その生態も多くが謎に包まれている。駿河湾や世界中の深海生物を中心に、また世界中の変わった生物も展示している。水族館のもう一つの目玉は冷凍2体とはく製3体のシーラカンス。1991年より、シーラカンスはワシントン条約第Ⅰ類「絶滅寸前種」に指定され、輸出入や商業利用が一切禁じられ、生きた個体を見ることは不可能[11]。館のシーラカンスはワシントン条約に規制される前に捕獲された日本で唯一、国際野生動植物登録票の発行された5体である[12]。館によると、冷凍のシーラカンスを見られる水族館は世界初である[9]

シーラカンス[編集]

館の2階に[9]、冷凍保存のシーラカンスとはく製のシーラカンスとがある[4][7][1]。 アフリカ・コモロ沖の西インド洋で1979年、日本シーラカンス学術調査隊が捕獲した個体5体のシーラカンスのうち、2体は2,500万円の特注のガラス製の冷凍庫内でマイナス15~18度に保冷され、3体は剥製として展示されている[4][9][7][13]。 大きいものは体長約1.8mある[14]。 また、CTスキャンを行いた立体映像が再現され[13]、シーラカンスのに触ることができ[7]、内臓標本や魚拓が展示される[4]。シーラカンスが泳いでいる映像や捕獲に用いたカヌー[4]、シーラカンス研究者の研究室も再現される[7]

入口のマスコットは「シーラ爺」という名のシーラカンスである[15][16]

CG[編集]

開館前の2011年9月14日、GEヘルスケア・ジャパンにて、1回転64枚、幅0.625mmの間隔で断層撮影できるX線CT装置を用い、シーラカンス1頭(体長約170cm)の断層像を約2700枚分撮影し、これはCGにも合成された[17]

ダイオウグソクムシが展示のはじめにおかれる

展示と生物[編集]

館の1階では、世界中のユニークな生物で構成される「ヘンテコ生き物」コーナーや[18]、光を発する魚が見られる「深海の光」コーナー[18]、環境をテーマにした水槽やサンゴの養殖なども展示する[5]。深海生物と浅い海とを比べたり[14][7]、海底の廃棄物の展示もなされている[14][7]。瞬間調光ガラスも使用している[16]

音楽[編集]

水族館業界初の試みとして、館内の展示コーナーごとに、ジャンルの異なる6人の作曲家がイメージ曲を書き下ろし、該当コーナーで流れている。「エントランス」にはKABUTOによるヒーリング曲、「海の底」コーナーには徳山美奈子によるピアノ現代音楽、「ヘンテコ生き物」コーナーには今野多久郎によるパーカッション楽曲、「駿河湾」コーナーには林哲司によるクラシカル・ポップス、「深海の光」コーナーには鈴木結女によるシンフォニック組曲、「シーラカンス・ミュージアム」には池田綾子によるネイティブ音楽~サウンド・アート。これらの楽曲に、KABUTOによるヒーリング曲5曲を加えたオリジナルCD「DEEPEST」が発売されている[19]。企画プロデュースは、大学生の鈴木香里武[2]

館長[編集]

石垣幸二。伊豆生まれ[1]。生き物の生体納入業者「ブルーコーナー」の創設者で、「海の手配師」と呼ばれる[20][21]。2010年、テレビ東京「ガイアの夜明け」に出演[22][23]。2011年12月、館長就任[1]。2012年11月、日本テレビ未来シアター」で「革新者」として取り上げられる[21]

朝日新聞GLOBEで、石垣が水族館にタカアシガニを展示することや「海の手配師」の仕事などについて特集された[24]

主な展示[編集]

展示生物[編集]

一時展示[編集]

展示画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 館長からみなさまへ 沼津港深海水族館 2013年1月8日閲覧
  2. ^ a b 未来への想い 沼津港深海水族館 2013年1月8日閲覧
  3. ^ a b c みなと新聞/今日のニュース「水族館併設飲食店モール9月オープン-佐政水産」2011年3月7日
  4. ^ a b c d e f 「奇妙で不思議な海の仲間 深海魚をテーマにした水族館オープン 静岡・沼津」 産経新闇web 2011年12月10日9時6分配信。及び、産経新聞web 2011年11月10日7:00配信
  5. ^ a b 日本初!シーラカンス常設展示場 2011年12月オープン佐政水産 2013年1月9日閲覧
  6. ^ 来館者20万を達成 沼津港深海水族館 静岡のニュース 都道府県別 47NEWS(よんななニュース) 2012/09/02 08:10 静岡新聞朝日新聞デジタル 開館8カ月余で20万人達成 静岡・沼津港深海水族館 2012年9月2日00時50分沼津港深海水族館、千葉の一家に記念品 伊豆新聞ニュース 2012年9月2日11:09 沼津市 どれも2013年1月9日閲覧
  7. ^ a b c d e f g オープンしたての「沼津港深海水族館」へ。目と舌で深海魚を味わうワンデートリップメレンゲが腐るほど恋したい メレ山メレ子著(アルファブロガー、エッセイスト) 2012年1月23日更新 2013年1月8日閲覧
  8. ^ アクセス 沼津港深海水族館 2013年1月8日閲覧
  9. ^ a b c d e 冷凍シーラカンス:10日から静岡県沼津市の水族館で展示 2011年12月9日 毎日jp(毎日新聞)
  10. ^ NPO法人沼津観光協会のブログ 沼津港深海水族館オープン!2011年12月9日金曜日17:29 NPO法人沼津観光協会 2013年1月9日閲覧
  11. ^ 奇妙で不思議な海の仲間 深海魚をテーマにした水族館オープン 静岡・沼津+(1/3ページ)2011.12.10 07:00 MSN産経ニュース 2013-01-27閲覧
  12. ^ 2011-12-10 伊豆日日新聞「冷凍シーラカンス“世界初”展示」
  13. ^ a b シーラカンスの謎 沼津港深海水族館 2013年1月8日閲覧
  14. ^ a b c [ジュニア探検隊]沼津港深海水族館 最深2500メートル 神秘間近にヨミウリ・ジュニア・プレス 2012年2月25日 読売新聞 作成日2012年3月19日 2013年1月8日閲覧
  15. ^ 沼津港深海水族館に行ってみた ヤミーアートブログ写真作家あまのしんたろう著 2013年1月9日閲覧
  16. ^ a b NPO法人沼津観光協会 がんばれ取材スタッフ! シーラカンスに会ってきた!2012年5月29日15:57 2013年1月9日閲覧
  17. ^ シーラカンスをCT撮影、GEヘルスケア【動画追加】2011/09/16 11:00 デジタルヘルス Tech-On! 著者 小谷卓也」、「シーラカンスをX線CT撮影、GEヘルスケア(1/2ページ) 日本経済新聞 2011/9/20 6:30シーラカンスをX線CT撮影、GEヘルスケア(2/2ページ) 日本経済新聞 2011/9/20 6:30」 ともに2013-01-27閲覧。他、東京新聞 「シーラカンスの泳ぎ 立体CGで再現へ 静岡に12月開館の水族館で展示 2011年9月15日
  18. ^ a b 世界中の“ヘンテコ”な深海生物を展示! 「沼津港深海水族館」がオープン2011年12月14日16時39分 (はてなブックマークニュース) ウーマンエキサイト ニュース 2013-01-27閲覧
  19. ^ 沼津港深海水族館 音楽プロジェクト 「カリブ・コラボレーション」2014年3月1日閲覧
  20. ^ 会社概要 海の手配師「ブルーコーナージャパン」2013年1月8日閲覧
  21. ^ a b 価格.com 「未来シアター」2012年11月9日放送内容 テレビ紹介情報 2013年1月8日閲覧
  22. ^ 日経スペシャル 放送内容ガイアの夜明け テレビ東京 2010年5月4日放送 2013年1月8日閲覧
  23. ^ 日経スペシャル 2011年3月までのバックナンバーガイアの夜明け テレビ東京 2013年1月8日閲覧
  24. ^ No85 石垣幸二/Ishigaki Koji 突破する力2012年8月5日号 朝日新聞GLOBE 2013年1月8日閲覧
  25. ^ 生物図鑑 深海生物 沼津港深海水族館2013年1月8日閲覧
  26. ^ 生物図鑑 海の生物 沼津港深海水族館2013年1月8日閲覧
  27. ^ 生物図鑑 その他の生物 沼津港深海水族館2013年1月8日閲覧
  28. ^ ラブカ捕獲、国内唯一生体展示 沼津港深海水族館 静岡新聞2012/12/29 08:21 2013年1月9日閲覧
  29. ^ テレビ放送のお知らせ 沼津港深海水族館 2013年1月9日閲覧
  30. ^ 巳年にちなみウミヘビ展示 沼津港深海水族館 静岡新聞2012/12/14 09:32 2013年1月9日閲覧
  31. ^ 沼津港深海水族館 ウミヘビ展示 静岡新聞SBS 2013年1月9日閲覧
  32. ^ 深海サメ「カグラザメ」捕獲、沼津港深海水族館で展示 静岡 東海 旅ニュース 新おとな総研 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年1月12日」、「カグラザメ、世界初展示 沼津港深海水族館 静岡新聞 2013/1/12 09:19」、「古代ザメ、生きたまま展示 沼津港深海水族館 静岡 地域 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年1月12日」、「お知らせ!! 沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ 2013-01-11 10:55:50」 いずれも2013年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]