テヅルモヅル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テヅルモヅル
テヅルモヅルの一種
テヅルモヅルの一種
分類
: 動物Animalia
: 棘皮動物Echinodermata
: クモヒトデ綱(蛇尾綱) Ophiuroidea
: カワクモヒトデ目(革蛇尾目) Phrynophiurida
亜目 : テヅルモヅル亜目 Euryalina
学名
Euryalina
Lamarck, 1816

テヅルモヅル手蔓藻蔓手蔓縺)とはクモヒトデ綱(蛇尾綱)カワクモヒトデ目(革蛇尾目)のテヅルモヅル亜目またはその中のテヅルモヅル科棘皮動物の総称である。

1,000メートルくらいまでの海底に棲む。ほかのクモヒトデと同じように腕は5本あるがそのが数十回も枝分かれし、触手となる。生息地では海中にこの触手を広げ、デトリタスなどを集めて食べている。取り上げられると、この触手は互いに絡み合ってごちゃごちゃの塊となる。底引き網に入網すると触手がちぎれて取り除くのに手間がかかり、漁師には嫌われる存在である。

分類[編集]

テヅルモヅル亜目には以下の科がある。種、亜種については一部のみ示す。

  • Euryalina テヅルモヅル亜目
    • Asteronychidae 科
    • Asteroschematidae 科
    • Euryalidae ユウレイモヅル科
      • Euryale aspera ユウレイモヅル
    • Gorgonocephalidae テヅルモヅル科
      • Gorgonocephalus eucnemis オキノテヅルモヅル
      • Astrocladus coniferus セノテヅルモヅル
      • Astrocladus coniferus dofleini イボテヅルモヅル