テヅルモヅル科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テヅルモヅル科
Haeckel Ophiodea 70 Gorgonocephalidae.jpg
Astrophyton darwinium
分類
: 動物界 Animalia
: 棘皮動物門 Echinodermata
: 蛇尾綱 Ophiuroidea
: カワクモヒトデ目 Phrynophiurida
亜目 : テヅルモヅル亜目 Euryalina
: テヅルモヅル科 Gorgonocephalidae
学名
Gorgonocephalidae
Ljungman, 1867

テヅルモヅル科 (Gorgonocephalidae) はテヅルモヅル亜目に属する棘皮動物であり、分岐を繰り返す腕が特徴である。

クモヒトデ綱の中では最大であり、特に Gorgonocephalus stimpsoni には腕の長さが 70 cm, 胴体の直径が 14 cm に達するものもある[1]

形態[編集]

テヅルモヅル亜目の中では、次のような形態的特徴によって区別される。

  1. 歯が針状に尖る
  2. 生殖腺が体盤に収まる
  3. 腕の反口側にも小鉤 (hooklet) が並ぶ

この内1・2はキヌガサモヅル科 Asteronychidae と共通する[2]

分類[編集]

テヅルモヅル科の現生種は、約30属90種に分類される[3]


化石記録は中新世まで遡る[4]

系統[編集]

Okanishi et al. (2011)の分子系統解析によると、以下の様な系統樹が得られている[2]

テヅルモヅル科


Astroclon





Astrocrius



Astrohamma





Astrothamnus



Astrothrombus








Astrothorax waitei





Astrodendrum sagaminum



Gorgonocephalus pustulatus





Gorgonocephalus eucnemis



Astrochele







Astrothorax misakiensis




Astroboa sp.



Astrophyton




Astrodendrum sp.



Astrosierra





Asteroporpa




Astroboa arctos




Astrocladus




Astroglymma




Astroboa globifera



Ophiocrene sp.











典拠・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Grzimek's Animal Life Encyclopedia, vol 1, Gale Cengage 2003
  2. ^ a b Masanori Okanishi, Timothy D. O’Hara, Toshihiko Fujita (2011). “Molecular phylogeny of the order Euryalida (Echinodermata: Ophiuroidea), based on mitochondrial and nuclear ribosomal genes”. Molecular Phylogenetics and Evolution 61 (2): 392–399. doi:10.1016/j.ympev.2011.07.003. 
  3. ^ MarineSpecies.org Gorgonocephalidae Ljungman, 1867”. 2012年10月19日閲覧。
  4. ^ Andreas Kroh (2003). “First record of gorgonocephalid ophiuroids (Echinodermata) from the Middle Miocene of the Central Paratethys”. Cainozoic Research 2: 143-155. http://nhm-wien.ac.at/jart/prj3/nhm/data/uploads/mitarbeiter_dokumente/kroh/2003/Kroh_2002_Gorgonocephalids.pdf. 

外部リンク[編集]