カグラザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カグラザメ
Hexanchus griseus.jpg
Hexanchus griseus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: カグラザメ目 Hexanchiformes
: カグラザメ科 Hexanchidae
: カグラザメ属 Hexanchus
: カグラザメ H. griseus
学名
Hexanchus griseus
(Bonnaterre, 1788
英名
Bluntnose sixgill shark
Hexanchus griseus distmap.png
カグラザメの分布域

カグラザメ Hexanchus griseus(神楽鮫、英名:Bluntnose sixgill shark)とはカグラザメ目カグラザメ科に属するサメである。

特徴[編集]

全世界の熱帯から温帯の海域に広く分布する。水深2,000mまでの深海に生息する。

全長6m。背側の体色は灰色か褐色でオリーブがかっていることもある。腹側に行くにつれて白色になる。背鰭は1基で、体の後方に位置している。吻は扁平で、大きくカーブしている。6対の鰓裂をもつ。サメの鰓裂はほとんどが5対であり、他に6対の鰓裂をもつのはシロカグラ H. nakamuraiラブカ Chlamydoselachus anguineusのみ。歯の形状は非常に特徴的で、下顎の両側に6つの鋸状の歯をもつ。

餌の種類は豊富でサメを含むあらゆる魚類、甲殻類、頭足類、貝類、海産哺乳類などを捕食する。胎生で、子宮内で卵を孵化させる。一度に22 - 108尾の幼魚を産む。出産直後の幼魚の大きさは60 - 75cm程度。

人との関わり[編集]

漁業、スポーツフィッシングの対象になる。水産物としては肉や肝油が利用される。

普段は深海に生息しているため人と遭遇する確率は低く、人を襲うこともほとんどない。しかし、強い顎と鋭い歯を持っているので、釣り上げたときなどは注意が必要である。

2013年1月10日に引き揚げられたカグラザメが、世界で唯一静岡県沼津市にある沼津港深海水族館で1月19日まで飼育されていた。

参考文献[編集]

Florida Museum of Natural History

関連項目[編集]