アドベンチャーワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南紀白浜空港から見た全景

アドベンチャーワールドは、和歌山県西牟婁郡白浜町にある動物園水族館遊園地が一体になったテーマパークである。大阪府松原市に本社を置く株式会社丸末不動産建設業)の関連会社である株式会社アワーズ (AWS) が運営している。 1978年4月22日のオープン当初は「南紀白浜ワールドサファリ」という名称であった。

概要[編集]

「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマに、日々新たなことに取り組み挑戦する。動物園水族館遊園地の3つを併せ持つ全国でも珍しいスタイルのテーマパークである。園内には数々の施設があるが、ジャイアントパンダの飼育展示、広大な敷地に放し飼いにされた動物たちの中をケニア号が進むサファリツアー、イルカクジラアシカショーなど、自然界を代表する動物が総覧できるパークは日本でもここだけであり、そのことがここを有名にさせている所以である。

ゴールデンウィーク夏休み期間中には夜間営業も行われており、昼間とは違う動物たちの姿を見ることができる。また、夜間営業中は夜間のイルカショー「ナイトマリンライブ」が開催され、花火が打ち上げられるなど、昼間のショーとはまた違った趣向で楽しめる。パーク内では動物をテーマにしたレストランやカフェがあり、園内の動物たちや白浜半島にちなんだみやげ物も多数販売されている。子供たちにとってだけでなく、大人でも楽しめるイベントや学術的なツアーもあり、2〜3世代のファミリー・カップル・夫婦などが楽しむ姿が目立つ施設である。

動物園[編集]

アドベンチャーワールド
ADVENTURE WORLD
NankiShirahamaAdventureWorld giraffe.JPG
施設情報
専門分野 サファリパークジャイアントパンダの繁殖
事業主体 民間
管理運営 株式会社アワーズ
開園 1978年
テンプレートを表示

サファリゾーン&ナイトサファリ[編集]

広大なサファリゾーンでは、列車型(牽引)バス「ケニア号」・1人〜3人乗りの自転車2階建てバス・ゴルフ用カートやジープなどの乗物を使って周遊する。ケニア号以外はすべてオプションであり、窓口で料金を支払う必要がある。徒歩でも1.5kmほどの距離があるが探検することができる。ただしライオンクマなどの猛獣ゾーンへはゲートが有り、(当然ではあるが)徒歩・自転車・カートでの立ち入りができない。

予約できるツアーに参加すれば、途中でキリンやサイなど様々な動物とふれあったり、色々なシーンにも遭遇できる。

また、ツアーに参加しなくても、サファリの草食動物ゾーンでは、自動販売機で有料のエサを購入すれば、キリンムフロンラクダエミューカンガルーなどにエサを与える事ができるし、指定時間に当該場所に行けば、予約なしでアフリカゾウサイライオンへのエサやりイベント(有料)にも参加できる。

夜間営業期間中には「ナイトサファリツアー」もある(最終のケニア号の運行時刻とナイトマリンライブは時間的に接近しているが、このあたりのタイムスケジュールは毎年変わるので、事前にホームページなどで確認しておくとよい)。

ふれあい広場[編集]

ふれあい広場だけでも小規模な動物園ぐらいの規模があるが、人間が歩く部分に、マーラシカゾウガメアヒルなどが放されていて、エサをやったり(有料)、ふれあいを楽しんだりも出来る。また、柵の中にいるケープペンギンゴマフアザラシ等の動物も、普通にすぐそこにいる、と言う程度の距離である。

ジャイアントパンダの育成[編集]

ジャイアントパンダの海浜と陽浜

中国成都市成都大熊猫繁育研究基地との協力で進められているジャイアントパンダの繁殖研究事業では、現在までに13頭の繁殖実績があり、2013年8月9日現在、12頭が無事に成長している。これは、出産頭数、成長した子供の数、ともに中国本土を除けば世界最多である。また、中国国内以外で、双子のジャイアントパンダを両方とも育てることに成功した初めての施設である(2010年9月7日に、アドベンチャーワールドと同じく、成都大熊猫繁育研究基地と提携しているスペインのマドリード動物園で双子のジャイアントパンダが生まれた。この2頭は2011年1月10日現在、無事に生育している)[1]

日本では、2013年4月15日現在、上野動物園王子動物園、アドベンチャーワールドを合わせて8頭のジャイアントパンダが飼育されているが、その内、 5頭がアドベンチャーワールド内で飼育されている。 なお、アドベンチャーワールドは成都大熊猫繁育研究基地の日本支部の肩書きを持っており、現在飼育されているジャイアントパンダは、子供も含めてすべて中国の成都大熊猫繁育研究基地本部の所有である。

地元白浜町では、このジャイアントパンダを最大の集客材料と位置づけており、白浜町役場には「パンダの町白浜」の掲示が行われている。また、地元を走るJR西日本紀勢本線では、一部の特急くろしお号にパンダシートが設置されているほか、過去にはジャイアントパンダのイラストが描かれた列車が運行された事もある。また、路線バスを運行する明光バスでは、ジャイアントパンダのイラストが描かれたバスを運行している(2010年10月9日現在、1台運行)。

飼育されているジャイアントパンダ[編集]

  • 永明(エイメイ)雄・1992年9月14日北京動物園(中国)にて誕生、1994年9月6日に来園
  • 良浜(ラウヒン)雌・2000年9月6日アドベンチャーワールドにて誕生
  • 海浜(カイヒン)雄・2010年8月11日アドベンチャーワールドにて誕生(父:永明,母:良浜)
  • 陽浜(ヨウヒン)雌・2010年8月11日アドベンチャーワールドにて誕生(海浜と双子)
  • 優浜(ユウヒン)雌・2012年8月10日アドベンチャーワールドにて誕生(父:永明,母:良浜,双子だったがもう1頭は死産)

※補足:良浜は梅梅が中国で妊娠し日本で出産した子供である(父は哈藍)。なお、アドベンチャーワールドで生まれたジャイアントパンダの名前は、全て2文字目を「浜」に統一している。

過去飼育されていたジャイアントパンダ[編集]

(上から2つを除き、死去もしくは移送とは関係なく誕生順に記載)

  • 辰辰(シンシン) 雄・一時借用、1988年9月19日からアドベンチャーワールドで飼育(1989年1月10日に中国へ帰国)
  • 慶慶(ケイケイ) 雌・一時借用、1988年9月19日からアドベンチャーワールドで飼育(1989年1月10日に中国へ帰国)
  • 蓉浜(ヨウヒン) 雌・1992年9月4日成都動物園にて誕生(1997年7月17日にアドベンチャーワールドにて死去)
  • 梅梅(メイメイ)雌・1994年8月31日成都大熊猫繁育研究基地(中国)にて誕生(2008年10月15日(水)午前5時29分にアドベンチャーワールドにて死去)
  • 雄浜(ユウヒン) 雄・2001年12月17日アドベンチャーワールドにて誕生(2004年6月21日に成都大熊猫繁育研究基地本部へ)
  • 隆浜(リュウヒン)雄・2003年9月8日アドベンチャーワールドにて誕生(2007年10月27日に成都大熊猫繁育研究基地本部へ)
  • 秋浜(シュウヒン)雄・2003年9月8日アドベンチャーワールドにて誕生(同上:隆浜と双子)
  • 幸浜(コウヒン)雄・2005年8月23日アドベンチャーワールドにて誕生(2010年3月15日に成都大熊猫繁育研究基地本部へ)
  • (名前なし)   雄・2005年8月24日アドベンチャーワールドにて誕生(2005年8月25日に死去:幸浜と双子※)
  • 愛浜(アイヒン)雌・2006年12月23日アドベンチャーワールドにて誕生(2012年12月14日に成都大熊猫繁育研究基地本部へ)
  • 明浜(メイヒン)雄・2006年12月23日アドベンチャーワールドにて誕生(同上:愛浜と双子)
  • 梅浜(メイヒン)雌・2008年9月13日アドベンチャーワールドにて誕生(2013年2月26日に成都大熊猫繁育研究基地本部へ)
  • 永浜(エイヒン)雄・2008年9月13日アドベンチャーワールドにて誕生(同上:梅浜と双子)

※補足:この幸浜の双子の弟は、2005年8月24日午前4時9分に誕生。出生時の体重が66gと非常に小さかったこともあり、翌8月25日午前2時27分に死去。わずか24時間にも満たない生涯であったが、アドベンチャーワールドでは愛浜と明浜をアドベンチャーワールド生まれの7頭目・8頭目と公式発表しており、名前はないもののこの亡き弟ジャイアントパンダは、アドベンチャーワールドにて生まれたれっきとした6頭目のジャイアントパンダである。

※雄浜、隆浜、秋浜、幸浜、愛浜、明浜は、いずれも父親が永明、母親が梅梅である。

※2008年9月13日に生まれた双子の梅浜と永浜は、日本初の飼育下3世代目(梅梅-良浜-梅浜・永浜)のジャイアントパンダである。

※永明・良浜・梅梅の3頭には、2011年3月に仁坂吉伸和歌山県知事より「和歌山県勲功爵(わかやまでナイト)」の称号が贈られている。和歌山電鐵貴志川線貴志駅たま駅長に続いて2例目で、パンダの家族を増やしたことで和歌山県の魅力を全国に発信した功績をたたえてのものである[2]

水族館[編集]

アドベンチャーワールド
ADVENTURE WORLD
NankiShirahamaAdventureWorld.JPG
施設情報
専門分野 水族館
事業主体 民間
管理運営 株式会社アワーズ
テンプレートを表示

イルカと泳げるスペシャルアトラクションがある。

オルカの飼育・ショーも有名であったが、オス、“ゴロー”を最後にすべての個体が死亡したため、現在は行われていない。

ペンギンの飼育[編集]

ペンギンに関しては、海獣館ペンギン王国、屋外展示場に分けて、7種類(エンペラーペンギンキングペンギンジェンツーペンギンアデリーペンギンヒゲペンギンイワトビペンギンケープペンギン)・約300羽を飼育しており、世界有数の規模である。

特に、エンペラーペンギンについては、日本国内で飼育している施設が、名古屋港水族館とここだけしかないと言う事情もあるが、日本で唯一、繁殖に成功している(世界的に見ても、エンペラーペンギンの孵化に成功したのは、ここと、アメリカ合衆国サンディエゴシーワールド中国大連市老虎灘海洋公園極地館[3]の3園館しかない)。

夏期には、「ペンギン・オン・アイス」と言うイベントも行われており(有料)、ペンギン王国の展示場の中に入って、キングペンギンと写真を撮影してもらう事ができる。

2013年10月30日、公式サイトにて、「10月17日にエンペラーペンギンのヒナが孵化した」と発表された(同園で8例目の孵化である)。[4]

マリンライブ&アニマルアクション[編集]

イルカ・クジラのショーは『マリンライブ』と呼ばれる。BGM主体でMCをあまり使わないのが特徴である。ライブ映像をステージ中央の大型モニターに映し出しながら進行し、トレーナーと海獣たちの息の合ったスピーディな演出が見もの。このBGMを収録したオリジナルのCDが園内で販売されている。

以前、『アシカライブ』と呼ばれ、寸劇仕立てで行われていたアシカのショーは、現在、『アニマルアクション』と言うショーになっている。このライブには他の種類の動物も多く出演し、色々な動きを見せるライブである。

光と音のパフォーマンス ナイトマリンライブ[編集]

アドベンチャーワールドのゴールデンウィークと夏休み期間の見どころは、夜間営業時間帯に行なわれるこのイベントである。前座を含めて約1時間弱のこのライブは2006年ゴールデンウィークにはオープン以来の観客で賑わい、新聞などで報道された。イルカ・クジラ・アシカ・その他の海獣たちがフル登場し最大10名以上のトレーナーが出演する。そこでは、トレーナーと動物たちが日ごろからコミュニケーションを取りあい練習を積んできた成果を存分に見ることができる。

AWS動物学院[編集]

2000年に開設されたアドベンチャーワールド付属の飼育員養成の教育施設

2年制の野生動物管理学科と1年制の野生動物短期科がある。 アドベンチャーワールド敷地内にあり、直接飼育員から毎日のようにパーク内で動物の専門実習を受けられる日本唯一の施設である。 現場での実習の他教室では、基礎獣医学、基礎畜産学、生物学、動物園学等を学ぶ。 動物の専門知識の他、英会話、ビジネスマナー、実務コンピュータ、接遇話法、ズーマネジメント等の授業が受けられる。 卒業年には選んだパーク内の動物についてそれぞれのテーマで卒業研究を行なうことができる。 年に一度はアメリカやオーストラリアでのAWS動物学院海外研修旅行があり、現地の動物飼育現場や野生動物について学ぶ。 その他、各分野から専門家を国内外から招き、特別講演などもある。 卒業生はアドベンチャーワールドを初め、日本全国の動物飼育現場等で活躍している。

その他施設[編集]

土休日やピーク期ではフリーパスが発売されるが、それ以外の平日では1回500円前後の従量料金のためあまり稼働していないことが多い。

交通アクセス[編集]

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大熊猫科研、繁育成果
  2. ^ パンダにナイトの称号 たま駅長に続き第2号 和歌山県」 asahi.com(朝日新聞)2011年3月6日。
  3. ^ 中国初 コウテイペンギンの繁殖に成功=大連の動物園」(毎日中国経済)2010年11月26日。
  4. ^ 2013年10月17日、エンペラーペンギンの赤ちゃんが誕生しました!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度40分0.16秒 東経135度22分22.49秒 / 北緯33.6667111度 東経135.3729139度 / 33.6667111; 135.3729139