ヨロイザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨロイザメ
Dalatias licha.jpg
ヨロイザメ
Dalatias licha
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
地質時代
始新世中期 - 現在[2]
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ツノザメ目 Squaliformes
: ヨロイザメ科 Dalatiidae
: ヨロイザメ属 Dalatias
: ヨロイザメ D. licha
学名
Dalatias licha
(Bonnaterre, 1788)
シノニム

Dalatias sparophagus Rafinesque, 1810
Dalatias tachiensis Shen & Ting, 1972
Pseudoscymnus boshuensis Herre, 1935
Scymnorhinus brevipinnis Smith, 1936
Scymnorhinus phillippsi Whitley, 1931
Scymnus vulgaris Cloquet, 1822
Squalus americanus Gmelin, 1789
Squalus licha Bonnaterre, 1788
Squalus nicaeensis Risso, 1810
Squalus scymnus Voigt, 1832

英名
Kitefin shark
Seal shark
Dalatias licha distmap.png
生息地

ヨロイザメ(学名:Dalatias licha)は、ツノザメ目ヨロイザメ科の海水魚であり、ヨロイザメ属唯一の種である。生息域は世界中に散在しており、通常は水深200から600mの海底で生活している。肝臓には豊富な肝油が含まれ、水深の深いところに潜る際に役立っている。細長い体や、とても短く丸い頭、大きな目、唇のように厚い口などが特徴。上についた歯は短く幅が狭いが、下顎についた歯は大きくのこぎり状になっている。体長は成魚で通常1.0から1.4mほど。

大きな歯と強い噛む力を持つ本種は、群れを作らない肉食魚である。甲殻類、イカ、タコ、クラゲなど様々な物を捕食し、それらの死骸を食べることもある。また、同科のダルマザメと同様に自分より大きな動物を襲うこともある。本種は卵胎生で、10歳から14歳ごろに繁殖可能となる。肉や皮、肝油を得るために漁業の対象となり、主に日本ポルトガルなどで水揚げされているが、ポルトガルのアゾレス諸島などでは乱獲等の影響で水揚げ量が落ちており、IUCNは本種の保全状態評価をNT(準絶滅危惧)としている。

分類[編集]

ヨロイザメははじめ、Squalus lichaという学名でフランス博物学者ピエール・ジョセフ・ボナテールによって1788年に記載された。これがのちにラフィネスク英語版によって記載されたシノニムからとられた、現行のヨロイザメ属(Dalatias)に移された。しかしながらラフィネスクが命名したD. sparophagusという学名は「命名規約上の疑問名に相当しふさわしくないため属名にはScymnorhinusを使う方が良い」と主張する学者もいる[3]。属名のDalatiasギリシャ語で「たいまつ」という意味のdolosあるいはdalouに由来する[4]。また、種小名lichaは本種のフランス語名であるla licheに由来する[5]。和名は硬い皮膚に由来する「ヨロイザメ」で、他にもひれの形(英名:kitefin shark)や皮膚の色(中国名:黑黒鮫)などにちなんで各地域で様々な名前がつけられている[4]

系統と進化[編集]

分岐学の研究によって、本種・属と系統上最も近いのはダルマザメ属(Isistius)であることが分かっている。ヨロイザメとダルマザメ属の魚は、似通った歯や骨格、筋肉の構造を持つ[6][7]。ヨロイザメ属とダルマザメ属が分岐した時期は、中生代新生代との境目(K-T境界)の直後、6500万年前頃だと考えられている。この分岐は、ツノザメ目の魚が深海から比較的浅い海へ進出する際に起こった大規模な適応放散の一部であるとみられている[6]

見つかっている最も古いヨロイザメの化石は、ニュージーランドなどで発見された始新世のものである[2]。本種の化石は、他にも様々な年代のものがヨーロッパやかつてのソビエト、日本やインド西部などで見つかっている[8]。現在確認されている本種の化石資料には、かつて他の様々な種として誤って分類されていた物が多い[2]

分布[編集]

ヨロイザメは、ほぼ世界中の熱帯や温帯域の海に散在する広い生息域をもっており、それらの間での個体の移動も起きていると考えられている[9]。本種は東部太平洋と北部インド洋では確認されていない。北部大西洋ではジョージバンク英語版メキシコ湾グレートブリテン島を含む北海からカメルーンまでの海域、そして地中海マデイラ諸島アゾレス諸島の沖などで見つかっている。インド洋では南アフリカモザンビークの沖で確認される。太平洋では日本ジャワ島オーストラリアニュージーランドハワイ諸島で見つかっている。南大西洋でもブラジル沖で一つだけ発見例がある[1][3][10]

外洋の深海にすむヨロイザメは水深200から600mの地点で最も良くみられるが、水面近くから1800mほどの水深にまで発見例がある[10][11]。アゾレス諸島沖では性別によって生息域が異なっており、それぞれメスは水深230mほどオスは水深412から448mほどの地点にそのほとんどが生息している[12]。本種は、大陸棚の端から大陸斜面、また島や海山の周辺などに生息する[8]。ヨロイザメ科の魚の中で、深海といっても中層ではなく海底近くで発見されることが多いのは本種だけである。しかしながら、時折海底よりも浅い地点で多く漁獲されることがある[8]

形態[編集]

ヨロイザメの頭部。大きな目と短い鼻、厚い唇が特徴。

ヨロイザメは適度に細長い体にとても短く丸みを帯びた鼻を持っている。目と空気孔は大きい。唇は厚く、ひだを持っている。上あごには16から21本、下あごには17から20本の歯がついている[3]。上あごの歯は短く、幅が狭く、口の端に向けてわずかに湾曲している。下あごの歯はとても大きくノコギリ状になっており、基底部は切れ目無い刃を作るために結合している[11]

背びれは2枚あり、そのうち体の前方についているものは後方についているひれと比べてわずかに小さく、基底部が短い。また、後ろ背びれにみられる棘状の突起もみられない。前背びれは、背面の胸びれの最後部にあたる位置から付く。一方、後ろの背びれは腹びれ基底部のわずかに後方に当たる位置からのびる。尾びれの上部は丸く著しく突出し、その頂点近くには切り欠けたような部分が有る。尾びれの下部にもわずかに他の魚類のような丸い突出がみられる[3]。ひれの形状と配置はマルバラユメザメ英語版と類似しているが、ヨロイザメがひれにもつ棘状の突起で区別できる[11]。皮膚は他のサメ類と同じく皮歯(いわゆる鮫肌)と呼ばれる歯と相同ので覆われている[3]

体色は濃い茶色か灰色であり、背中にわずかに黒の斑点が入ることもある。各ひれは白か半透明に縁取られ、尾びれの頂点は黒くなっている[11]。2003年には体長90cmの、体の59%の色素が欠落した不完全なアルビノ個体がメキシコ湾で捕獲された。以前にマルバラユメザメで確認されたケースとは異なって、通常とは異なる体色にも関わらず、この個体の獲物をとらえる能力は通常の個体に劣ってはいなかった[13]。本種の成魚はたいてい体長1.0から1.4mほどであるが、体長1.6から1.8mの個体も報告されている[11][12]

生態[編集]

ヨロイザメの下顎の歯は切れ目無い刃を作り、自分より大きな生物の肉を噛みちぎることを可能にする。

何処の生息域でも本種は一個体で行動することが多いが、小さな群れを形成することもある[10]。ヨロイザメは水よりも低密度である脂質の、スクアレンで満たされた大きな肝臓を持ち、ゆっくりと泳ぐ魚である。そのため中性浮力(浮きも沈みもしない状態)を保つことができ、水中での静止も容易にできる[3]。北アフリカの海岸とイタリアのジェノヴァ沖で行われた調査では、オスの個体数がメスの個体数をそれぞれ2倍、5倍と上回っていることが発見された。この偏った性比は南アフリカの海では確認されていないため「調査の際の標本抽出に問題があるのではないか」とも言われている[14]。ヨロイザメは自分より大きなサメや肉食魚に捕食される[11]。また、マッコウクジラも本種を捕食することが確認されている[15]。本種における寄生虫のデータは限られている。アイルランド沖で捕獲された二個体で行われた調査では、胃の中から三種の線形動物が見つかった。そのうちの一種はアニサキス属のAnisakis simplexと断定され、他の種はアニサキスと近縁のRaphidascaris属の寄生虫ではないかと推測された[16]

深海における強力な捕食者であるヨロイザメの、小さいながら頑強なあごは噛む力が非常に強い。主にタラハダカイワシニギス等の深海に住む硬骨魚を捕食するが、他にも小型のサメやイカタコ甲殻類など様々な動物を捕食対象とする[3]。近縁のダルマザメと同様に、本種もクジラやサメなど自分より大きい魚から生きたまま肉を削り取って食べることが出来る[10][17]。泳ぎの遅い本種が捕食した魚の中に泳ぎの速い種が含まれていることで、本種が腐肉食動物(スカベンジャー)であるか、または他に自分より動きの速い魚を捕食する手段を持っていることが推測される。理由は分かっていないものの、捕獲された個体のうちオスの方がメスと比べて胃に食物が多く溜まっている傾向がある[3]

ヨロイザメは卵胎生であり、子宮内で卵黄の栄養を使い一定期間成長する。メスの成魚は二つの卵巣と二つの子宮をもつ。地中海では春と秋を最盛期として繁殖は一年中起こる。一度妊娠したメスにおいては、次の妊娠まで一年間ほど間が空くとみられている[1][14]。胎児の数は一度の妊娠で10から16匹ほどで、メスの体長が大きいほど多くなる[9]。子供は、地域によって差異はあるものの最大で二年間の妊娠期間を経て、30から45cmほどの大きさで生まれる[12][18]。オスは体長77から121cmほど、メスは117から159cmほどで性的成熟を迎える[9]。産まれたときの体長と、性的成熟時の体長、その後の最大体長の間には相関関係はない[14]

人間との関係[編集]

日本の研究者がヨロイザメの体長を計測している。本種は長らく経済的に重要な魚であった。

ヨロイザメの生息域は深海であるため人間に直接危害を及ぼすことはない[11]。しかし本種の上あごの歯が突き刺さっている海底ケーブルが見つかっており、それから及ぶ被害が懸念されている[17]。本種の人間による利用の歴史は長い。肉は東大西洋岸の国々や日本で消費され、内臓肉魚粉の原料とされる。また、肝油はポルトガルや日本、南アフリカで利用され、皮膚は一種の鮫皮としてヨーロッパ等で家具や装飾品に使われる。しかしながら本種は、西大西洋岸の国々では商業的価値をもたない[9][11]

本種の漁獲の深海域への拡大によって、成長と繁殖の周期が遅い、本種を含めた深海性のサメの乱獲への懸念は強くなった。この懸念は、アゾレス諸島における本種の漁獲量の急激な減少によって裏付けられる[1]。アゾレス諸島における本種を目的とした漁獲は、1970年代初頭に肝油を採るために始まった。1980年代初頭には底引き網漁などによって漁業規模が拡大し、その結果1983年には漁獲量のピークに達し937tを水揚げした。しかし1991年以降漁獲量は急激に減少し、年に15tほどとなった。肝油の価格が下落したこともあり、1990年代の終わりには漁獲はほとんど行われなくなった。生息数は大西洋のアゾレス諸島近海をふくむ海域においては、乱獲前の50%にまで減少したとみられている[19][20]

現在の本種の水揚げは、主にポルトガルと日本の近海で行われている底引き網漁などにおける、混獲(他魚を狙った漁業で捕獲されること)によるものである[11][21]。ポルトガルは2000年に282t、2001年に119t、本種を混獲によって水揚げしたと報告している。北東大西洋においてはこの魚は珍しく、捕獲の報告は他種との混同による間違いであることも多い。ブリテン島の東部で行われている深海刺し網漁で他魚に混ざって漁獲されることも有るが、この海域でも個体数は1970年代と比べて減少していることが調査によって分かっている[1][19]。地中海では底引き網や刺し網にまれにかかる。南半球でもオーストラリアやニュージーランドで盛んに水揚げされた時期もあった[11][20]。現在では本種は通常、網にかかっても生きたまま海に返されるが、その多くは深海までたどり着くことが出来ずに死んでしまう[1]IUCNは、本種を全世界においてNT(準絶滅危惧)と評価し、北東大西洋の個体群については前述のような個体数の減少から、VU(危急)と評価した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Blasdale, T., Serena, F., Mancusi, C., Guallart, J. & Ungaro, N. 2006. Dalatias licha. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 30 September 2011.
  2. ^ a b c Keyes, I.W. (1984), “New records of fossil elasmobranch genera Megascyliorhinus, Centrophorus, and Dalatias (Order Selachii) in New Zealand”, New Zealand Journal of Geology and Geophysics 27: 203–216 
  3. ^ a b c d e f g h Compagno, L.J.V. (1984), Sharks of the World: An Annotated and Illustrated Catalogue of Shark Species Known to Date, Rome: Food and Agricultural Organization, pp. 63–64, ISBN 9251013845 
  4. ^ a b Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2009). "Dalatias licha" in FishBase. June 2009 version.
  5. ^ Bonnaterre, P.J. (1788), Tableau encyclopédique et méthodique des trois regnes de la nature, Chez Panckoucke, p. 12 
  6. ^ a b Adnet, S. and Cappetta, H. (September 2001), “A palaeontological and phylogenetical analysis of squaliform sharks (Chondrichthyes: Squaliformes) based on dental characters”, Lethaia 34 (3): 234–248, doi:10.1080/002411601316981188 
  7. ^ Shirai, S. (1996), “Phylogenetic Interrelationships of Neoselachians (Chondrichthyes: Euselachii)”, in Stiassny, M.L.J., Parenti, L.R. and Johnson, G.D., Interrelationships of Fishes, Academic Press, pp. 9–34, ISBN 0126709505 
  8. ^ a b c Carrier, J.C., Musick, J.A. and Heithaus, M.R. (2004), Biology of Sharks and Their Relatives, CRC Press, pp. 58, ISBN 084931514X 
  9. ^ a b c d Fowler, S.L., Cavanagh, R.D., Camhi, M., Burgess, G.H., Cailliet, G.M., Fordham, S.V., Simpfendorfer, C.A. and Musick, J.A. (2005), Sharks, Rays and Chimaeras: The Status of the Chondrichthyan Fishes, International Union for Conservation of Nature and Natural Resources, pp. 230–231, ISBN 2831707005 
  10. ^ a b c d Soto, J.M.R. and Mincarone, M.M. (2001), “First record of kitefin shark, Dalatias licha (Bonnaterre, 1788) (Chondrichthyes, Dalatiidae), in the south Atlantic”, Mare Magnun 1 (1): 23–26 
  11. ^ a b c d e f g h i j Bester, C. and Burgess, G. Biological Profiles: Kitefin Shark. Florida Museum of Natural History Ichthyology Department. Retrieved on June 15, 2009.
  12. ^ a b c Kiraly, S.J., J.A. Moore and P.H. Jasinski (2003), “Deepwater and Other Sharks of the U.S. Atlantic Ocean Exclusive Economic Zone”, Marine Fisheries Review 65 (4): 1–63 
  13. ^ Bottaro, M., Ferrando, S., Gallus, L., Girosi, L. and Vacchi, M. (2005). "First record of albinism in the deep water shark Dalatias licha" Reference No. 5115. JMBA2–Biodiversity Records.
  14. ^ a b c Capapé, C., Hemida, F. and Quignard, J.P. (2008), “Biological observations on a rare deep-sea shark, Dalatias licha (Chondrichthyes: Dalatiidae), off the Maghreb coast (south-western Mediterranean)”, Pan-American Journal of Aquatic Sciences 3 (3): 355–360 
  15. ^ Gómez-Villota, F. (2007). Sperm whale diet in New Zealand. Master of Applied Science thesis. Auckland University of Technology.
  16. ^ Henderson, A.C., Flannery, K. and Dunne, J. (2003), “Biological observations on shark species taken in commercial fisheries to the west of Ireland”, Biology and Environment 103B: 1–7 
  17. ^ a b Musick, J.A. and McMillan B. (2003), The Shark Chronicles: A Scientist Tracks the Consummate Predator, Macmillan, pp. 122–123, ISBN 0805073590 
  18. ^ da Silva, H.M. (1988). "Growth and reproduction of kitefin shark, Dalatias licha (Bonn 1788) in Azorean waters." ICES, Demersal Fish Committee CM 1988/G:21. pp. 1–16.
  19. ^ a b ICES. (2007). Report of the Working Group Elasmobranch Fishes (WGEF), 22–28 June 2007, Galway, Ireland. ICES CM 2007/ACFM:27. pp. 52–55.
  20. ^ a b Perrotta, R. (2004), “Kitefin shark, Dalatias licha (dalatiidae) fishery in the north eastern Atlantic and some recommendations for elasmobranchs exploitation”, Revista de Investigación y Desarollo Pesquero 16: 97–101 
  21. ^ Castro, J.I., Woodley, C.M. and Brudek, R.L. (1999). A preliminary evaluation of the status of shark species. FAO Fisheries Technical Paper No. 380.

関連項目[編集]