青森県営浅虫水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅虫水族館
Asamushi Aquarium
Asamushi Aquarium Aomori Japan03n.jpg
施設情報
正式名称 青森県営浅虫水族館
専門分野 総合
事業主体 青森県
管理運営 青森水族館管理株式会社
館長 太田守信(2014年8月現在)[1]
面積 48,300.91m²
頭数 約1万点(2012年現在)[2]
種数 約400種(2014年8月現在)[1]
来園者数 約30万人/年[1]
主な飼育動物 サンショウウオイルカアザラシ[3]
開館 1983年
所在地 039-3501
青森県青森市大字浅虫字馬場山1-25[2][3]
位置 北緯40度53分51.3秒
東経140度51分46秒
アクセス 鉄道で浅虫温泉駅下車
バスで「浅虫水族館」下車
公式サイト http://www.asamushi-aqua.com/
テンプレートを表示

青森県営浅虫水族館(あおもりけんえいあさむしすいぞくかん)は、青森県青森市浅虫にある水族館青森湾を望む本州最北端の水族館でもある[3]。青森県内の豊富な水産資源や、世界の珍しい水生動物など約514種、1万1千点を飼育展示している。現在は指定管理者制度を用いて運営されている。

概要[編集]

東北地方第一の規模を誇る水族館。ショーやガイドが充実しており[3]、特にイルカショーは東北地方で唯一開催している[1]。冷たいから暖かい海まで、コーナー分けがされ、ラッコアシカアザラシイルカなどの海獣や、ペンギンといった人気のある動物たちも一通りいる。イルカのショーや時間によってお食事タイムが行われている[3]

年間の来館者数は約30万人[1]2014年(平成27年)8月15日に青森県の観光施設としては初めて通算入館者数が1000万人を突破した[1]

コーナー[編集]

1階

2階

建築概要[編集]

施設概要[編集]

その他[編集]

1922年大正11年)、東北帝国大学理学部に生物学科が設置されたのを機に、1924年(大正13年)7月8日に理学部附属の臨海実験所が浅虫に設置された。同所には水族館も併設され、一般公開した。1983年昭和58年)に青森県営浅虫水族館が同じ浅虫地区に開館したため、臨海実験所の水族館は1984年(昭和59年)4月を以って閉館した。なお、臨海実験所は、現在も東北大学大学院生命科学研究科附属浅虫海洋生物学研究センターとして続いている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 青森・浅虫水族館が入館者1000万人達成”. 河北新報 (2014年8月16日). 2015年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 辰巳出版(2012):74ページ
  3. ^ a b c d e f g h i j ぴあ株式会社(2013):111ページ
  4. ^ 理学部生物学科/研究施設(東北大学)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]