裸殻翼足類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
裸殻翼足類
Clione limacina detail.jpg
クリオネの1種ハダカカメガイ Clione limacina
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
亜綱 : 直腹足亜綱 Orthogastropoda
下綱 : Apogastropoda
上目 : 異鰓上目 Heterobranchia
: 裸殻翼足目 Gymnosomata
学名
Gymnosomata Blainville1824
英名
Sea Angel

裸殻翼足類(らかくよくそくるい、学名 Gymnosomata)は、軟体動物門腹足綱異鰓上目後鰓類に属する分類群である。無殻翼足類とも。階級裸殻翼足目、希に裸殻翼足亜目を当てる。

Gymnosomataとは、裸の (gymnos) 体 (soma) という意味である。和名は学名の翻訳ではなく、現在は使われなくなった分類群の翼足類 Pteropoda のうち貝殻がないものという意味である。

817が属する。

特徴[編集]

小さな軟体動物で、足は翼状の側足 (parapodia) と呼ばれる付属器官物へ進化し、貝殻は消失している。どちらの進化も大洋を自由に遊泳するのに適している。

同じ後鰓類に属する有殻翼足類 (Thecosomata) とよく似ており、同じ翼足類に分類することもあったが、近縁ではない。有殻翼足類はもっと長く幅広い側足を持ち、ほとんどの種に貝殻があり、Sea Butterfly(海の蝶)と呼ばれている。

ゼラチン質で、ほとんど透明で、非常に小さい。側足をゆっくり打って、20mより浅い海を優雅に泳いでいる。通常はゆっくり泳いでいるが、驚くべき速度で泳ぐこともできる。雌雄同体で、体内で受精する。卵はゼラチン状の塊で産み落とされ、孵化するまで水上を漂う。孵化して数日で未発達の貝殻が消失する。

最大の種は5cmに達するクリオネの1種ハダカカメガイ Clione limacina である。ハダカカメガイは北極海に分布。暖かい水域に分布する種はハダカカメガイよりはるかに小さい。

有殻翼足類のみを捕食する種も何種かいる。これらの種は、軟体動物に共通の歯舌を備えた口をもち、頭足類の吸盤に似た触手で獲物をつかむことができる。さらに、側足と呼ばれる「翼」で、より大きな「翼」を持つ有殻翼足亜目よりも非常に速く泳ぐことができる。これらの種以外のほとんど種は、動物プランクトンを常食にする。

北極海に分布するクリオネの一種 Clione antarctica は、微量の忌避物質 pteroenone を合成することで捕食者から身を守っている。同種の局所的な存在密度は異常であり、最大で1m3あたり300匹になることもある。捕食者が C. antarctica を食べないので、端脚目等その中に住む動物もいる。

分類[編集]