デンキウナギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンキウナギ
Electric-eel.jpg
デンキウナギ Electrophorus electricus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: デンキウナギ目 Gymnotiformes
亜目 : デンキウナギ亜目 Gymnotoidei
: ギュムノートゥス科 Gymnotidae
もしくは* デンキウナギ科 Electrophoridae
: デンキウナギ属
Electrophorus Gill1864
: デンキウナギ E. electricus
学名
Electrophorus electricus
(Linnaeus1766)
英名
Electric eel

デンキウナギ(電気鰻、学名Electrophorus electricus英語名:Electric eel)は、デンキウナギ目ギュムノートゥス科デンキウナギ属に分類される硬骨魚類の一種。南アメリカアマゾン川オリノコ川両水系に分布する大型魚で、強力な電気を起こす魚である。デンキウナギ属 Electrophorus は1属1種のみが分類されている。

生物的特徴[編集]

成魚は全長2.5mに達し、デンキウナギ目の魚の中では最大種である[1]和名に「ウナギ」が入るとおり、体形は細長い円筒形であるが、ウナギとは体の構造や生活史が異なり、全く別の仲間に分類される。

大型個体は丸太のような体形であるが、頭部は上下に、尾部は左右に平たい。全身はほぼ灰褐色で白っぽい斑(まだら)模様があり、尾に行くにしたがって斑点が小さくなる。から腹にかけては体色が淡く、橙色を帯びる。は小さく退化しているが[2]側線が発達しており、これで水流を感じ取って周囲の様子を探る。肛門鰓蓋(えらぶた)直下にあり、他の魚よりもかなり前方に偏る。鰭は胸鰭と尻鰭しかなく、長く発達した尻鰭を波打たせて泳ぐ。なお、デンキウナギ目の魚は前だけでなく後ろにも泳ぐことができる。

分類[編集]

分類上は1属1種でギュムノートゥス科英語版に組み込まれているが[1]、他に独立した デンキウナギ科 ( Electrophoridae ) を設けてその下位に置く分類説もある。ウィキスピーシーズの情報[3]は前者説を、ITIS の情報[4]は後者説を支持している。

生態[編集]

南米北部のアマゾン川オリノコ川両水系に分布し[1]、この水域では頂点捕食者の一つとなっている。池や流れの緩いに生息する。夜行性で、昼間は物陰に潜む。夜になると動きだし、主に小魚を捕食する。

また空気呼吸をする魚でもあり、鰓があるにもかかわらずたまに水面に口を出して息継ぎをしないと死んでしまう。逆に言えば水の交換が起こらない池や淀みでも酸欠にならず、生きていくことができる。これは温度が上がるほど溶存酸素量が少なくなる熱帯の水域に適応した結果と言える。

発電の仕組みと効力[編集]

デンキウナギの発電器官は、筋肉細胞が「発電板」という細胞に変化したものである。数千個の発電板が並んだ発電器官は体長の5分の4ほどあり、肛門から後ろはほとんど発電器官と言ってよい[5]。この発電器官は頭側がプラス極、尾の方がマイナス極になっている(デンキナマズは逆)。発生する電圧は発電板1つにつき約0.15 V にすぎないが、数千個の発電板が一斉に発電することにより、最高電圧600-800 V ・電流1 A にも達する強力な電気を発生させることができる。ただし、この高電圧は約1000分の1秒ほどしか持続しない。デンキウナギはもっと弱い電流の電場を作ることもでき、弱い電場を作ることにより、濁った水中で障害物や獲物を探知していると考えられている。

実際に感電するのは体に触れたときであり、デンキウナギがいる水槽にヒトがそっと手を入れるくらいであれば深刻な感電はしない。発電するには筋肉を動かすのと同じく神経からの指令を受け、ATP を消費する。そのため、疲れたり年老いたりしている個体ではうまく発電できない場合もある。またそれは、疲労した状態に追い込めば比較的安全に捕獲できるということでもあり、水面を棒などで叩いてデンキウナギを刺激して発電させ、疲れて発電できなくなったところを捕獲する漁法がある。

デンキウナギのほかにも多種多様の発電魚が知られているが、これらの発電の主目的はおもに身辺に電場を作って周囲の様子を探ることにある。ただし、デンキウナギは他の発電魚よりも強力な電気を起こせるため、捕食と自衛にも電気を用いることができる[2]。獲物の小魚を見つけると体当たりして感電させ、麻痺したところを捕食する。また、大きな動物が体に触れたときも発電して麻痺させ、その間に逃げる。渡河する人間ウマがうっかりデンキウナギを踏みつけて感電する事故が時折起こるが、なかには心室細動を起こした例もあるという。

なお、発電時にはデンキウナギ自身もわずかながら感電している。しかし、体内に豊富に蓄えられた脂肪組織が絶縁体の役割を果たすため、自らが感電死することはない。

他の発電魚[編集]

本種以外で比較的よく知られている発電魚を挙げる。

なお、いわゆる電気クラゲは触手の毒針に刺されたことによる痛みを感電の衝撃に例えたものであり、電気を発しているのではない。

写真[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Electrophorus electricus - Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2009.FishBase.World Wide Web electronic publication.www.fishbase.org, version (08/2009)
  2. ^ a b 内田亨監修 『学生版 日本動物図鑑』 北隆館、1948年初版・2000年重版 ISBN 4832600427
  3. ^ 更新・改訂される可能性あり。2009年11月閲覧
  4. ^ ITIS(統合分類学情報システム)データベース - Electrophorus electricus (Linnaeus, 1766) 更新・改訂される可能性あり。2009年11月閲覧
  5. ^ 檜山義夫監修 『野外観察図鑑4 魚』 旺文社 1985年初版・1998年改訂版 ISBN 4010724242