ミキモト真珠島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミキモト真珠島
Mikimoto Pearl Island from Toba Auqarium.jpg
鳥羽水族館より望む(2013年1月撮影)
座標 北緯34度29分0秒 東経136度50分49秒 / 北緯34.48333度 東経136.84694度 / 34.48333; 136.84694座標: 北緯34度29分0秒 東経136度50分49秒 / 北緯34.48333度 東経136.84694度 / 34.48333; 136.84694
所在海域 伊勢湾
所属国・地域 日本の旗 日本
テンプレートを表示
株式会社御木本真珠島
Mikimoto Pearl Island Co.,Ltd.
Mikimoto pearl island.jpg
本社所在地のミキモト真珠島(国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 )
種類 株式会社
本社所在地 郵便番号:517-8511
三重県鳥羽市鳥羽一丁目7-1
設立 1980年
業種 サービス業
事業内容 観光事業
代表者 松田音壽(代表取締役社長)
資本金 3500万円(2012年12月31日現在)
純利益 2558万3000円(2012年12月期)
純資産 34億5245万4000円
(2012年12月31日現在)
総資産 38億1835万1000円
(2012年12月31日現在)
従業員数 約100人
決算期 12月末日
関係する人物 御木本幸吉
外部リンク ミキモト真珠島
特記事項:1951年(昭和26年)3月12日に、有限会社御木本真珠ヶ島として創業。1971年(昭和46年)に、有限会社御木本真珠島へ商号変更。1980年(昭和55年)に、株式会社へ組織変更[1]
テンプレートを表示
海女の実演風景

ミキモト真珠島 (みきもとしんじゅしま、: Mikimoto Pearl Island) は、三重県鳥羽市鳥羽湾内に浮かぶ小島。

英虞湾内にある神明浦と並ぶ養殖真珠発祥の地であり、全島が株式会社御木本真珠島 (みきもとしんじゅしま、: Mikimoto Pearl Museum Co., Ltd.) が経営するレジャー施設となっている。島内では真珠工芸品が展示されている他、海女の実演が催される。

年間観光客数は25 - 26万人で、約1割が日本国外からの来客である[2]。このため、島内の案内は日本語英語を併記し、パンフレットは日本語・英語・韓国語中国語簡体字)・中国語(繁体字)・ドイツ語フランス語イタリア語スペイン語ポルトガル語の10か国語を用意している[3]

沿革[編集]

  • 1893年 - 当時、相島 (おじま) と呼ばれていた同島で、御木本幸吉が真珠養殖に成功。
  • 1919年(大正8年) - 鳥羽町(当時)が相島地先の海面埋立権と使用権を帝国汽船に売却[4]
  • 1927年(昭和2年) - 鳥羽町が帝国汽船から相島を買い戻す[4]
  • 1929年(昭和4年)4月 - 鳥羽町が御木本幸吉に相島を売却[4]。売却益は鳥羽小学校の建築費に充当された[4]
  • 1951年(昭和26年)3月12日 - 資本金500万円をもって[5]有限会社御木本真珠ヶ島が設立され、レジャー施設として御木本真珠ヶ島が開島[6]
  • 1953年(昭和28年) - 御木本幸吉像を建立[5]
  • 1956年(昭和31年) - 島の南側の海面を埋め立てる[5]
  • 1958年(昭和33年) - 御木本幸吉翁記念館を開設[5]
  • 1962年(昭和37年) - ミキモトパールミュージアムを開設[5]
  • 1970年(昭和45年)7月11日 - パールブリッジ完成[7]
  • 1971年(昭和46年) - 商号を有限会社御木本真珠島に改める[8][5]。これにより島名もミキモト真珠島に変更(真珠ヶ島の「ヶ」を外す)[5]
  • 1971年(昭和46年) - 島の護岸復旧と南西海面の埋め立てを行う[5]
  • 1985年(昭和60年) - 真珠博物館が開館[9]
  • 1993年(平成5年) - 御木本幸吉記念館が開館[9]
  • 2011年(平成23年) - 3月11日に発生した東日本大震災の影響で客足が減少[10]。4月下旬には日本人客の数は戻ってきたが、日本国外からの団体ツアー客は、ほぼ0のままであった[10]

施設[編集]

真珠博物館[編集]

真珠工芸品を展示。

主な展示品

御木本幸吉記念館[編集]

御木本幸吉の生涯を遺品やパネル展示などで表現している。生家の鳥羽のうどん屋「阿波幸」も再現されている。

パールプラザ[編集]

レストラン阿波幸とパールショップが営業している。

その他[編集]

御木本幸吉銅像、珠の宮、野鳥の森、見晴台などがある。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第16089号28ページ「組織変更公告」1980年(昭和55年)9月5日
  2. ^ 折戸(2008):80ページ
  3. ^ 折戸(2008):81ページ
  4. ^ a b c d 鳥羽市史編さん委員会 編(1991):181ページ
  5. ^ a b c d e f g h 鳥羽市観光協会50周年記念誌編纂委員会 編(1980):259pp.
  6. ^ 鳥羽市史編さん委員会 編(1991):352ページ
  7. ^ 鳥羽市史編さん委員会 編(1991):449ページ
  8. ^ 1971年(昭和46年)4月21日日本国有鉄道公示第183号「周遊割引乗車券発売規則の一部改正」
  9. ^ a b 鳥羽市観光課"ミキモト真珠島"(2011年2月19日閲覧。)
  10. ^ a b 片山ほか(2011):20ページ

参考文献[編集]

  • 折戸厚子(2008)"ミキモト真珠島(三重県鳥羽市)―養殖真珠誕生の地での産業観光―".CREC(財団法人中部産業・地域活性化センター機関誌).164:74-81.
  • 片山健生・飯田竜司・渡辺大地「大型連休回復か停滞か 震災後の観光地」中日新聞2011年4月25日付朝刊、伊勢志摩版11ページ
  • 鳥羽市観光協会50周年記念誌編纂委員会 編『鳥羽の観光50年』鳥羽市観光協会、昭和55年9月15日、289p.
  • 鳥羽市史編さん室 編『鳥羽市史 下巻』鳥羽市役所、平成三年三月二十五日、1347p.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]