西海国立公園九十九島動植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西海国立公園九十九島動植物園(さいかいこくりつこうえんくじゅうくしまどうしょくぶつえん)は、長崎県佐世保市にある市営の動物園植物園である[1]。以前は近くにある山・石岳(197m)から石岳動植物園という愛称で親しまれていた。

2011年(平成23年)4月1日佐世保市亜熱帯動植物園(させぼしあねったいどうしょくぶつえん)から園名が変更された[2]。また、2011年(平成23年)7月17日に公募による愛称が森きらら(もりきらら)に決定した。

概要[編集]

佐世保市の中心部西側、九十九島を眼下に望む高台にあり、面積は83,191m²。現在、動物はライオンゾウレッサーパンダなど251点、植物は熱帯植物やバラなど21,000点を有する。 新施設「ペンギン館」では、日本最大の天井水槽や深さ4メートルの深水槽、ペンギンの足裏を見ることができる日本初の極浅水槽などペンギンの魅力を余すことなく楽しめる。

施設情報[編集]

  • 住所 佐世保市船越町2172番地
  • 開園時間 午前9時~午後5時15分(最終入園午後4時45分)
  • 休園日 12月29日~1月1日
  • 利用料金 
    • 大人(高校生以上) 820円
    • 4歳以上中学生以下 210円
    • 3歳以下 無料

歴史[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西海国立公園九十九島動植物園条例
  2. ^ 園の名称が「西海国立公園 九十九島動植物園」に変わりました!
  3. ^ ツシマヤマネコの繁殖成功…佐世保の動植物園

外部リンク[編集]