安城産業文化公園デンパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安城産業文化公園
施設情報
愛称 デンパーク
テーマ 都市と農村との交流の場及び憩いと安らぎの場を市民に提供するとともに、農業を始めとする産業の振興に寄与する
事業主体 安城市
管理運営 公益財団法人安城都市農業振興協会(指定管理者)[1]
面積 131,000m²
開園 1997年4月29日
所在地 446-0046
愛知県安城市赤松町梶1
位置 北緯34度55分48.78秒
東経137度3分38.68秒
座標: 北緯34度55分48.78秒 東経137度3分38.68秒
公式サイト http://denpark.jp/
テンプレートを表示

安城産業文化公園デンパーク(あんじょうさんぎょうぶんかこうえん デンパーク)は、愛知県安城市にある安城市立の公園である。正式名称は「安城産業文化公園」で、愛称が「デンパーク」[2]

施設概要[編集]

愛知県のほぼ中央にある安城市は、かつて「日本デンマーク」と呼ばれ、全国の農業経営のモデルとなった。稲作、畑作、果樹、畜産などの多角形農業をすすめた安城市は、世界の農業先進国であるデンマークにたとえられた。その歴史をもとに、自然と親しみ花のある暮らしを提案する公園として1997年4月29日にオープンした花と緑の公園

「デンパーク」の名は、日本デンマークの「デン」、田園の「デン」、伝統の「デン」と公園の「パーク」を組み合わせた造語である。

公園の広さは13.1ha、園内1周約1.5km

管理運営は、指定管理者の公益財団法人安城都市農業振興協会が行っている。

高さ19mのデンマーク風車や、季節のフラワーショーが開催される花の大温室フローラルプレイス(3600m²のアトリウム)のほかレストラン、体験施設も揃う。

初年度1997年には120万人を超える来園者があったが、その後減少。同一県内で愛知万博(2005年日本国際博覧会)が開催された2005年には43万人に落ち込んだ。その後2006年度が47万人、2007年度には50万人で入園者数は回復基調。2008年度入園者は46万人、2009年度、2010年度入園者は47万人、2011年度入園者は43万人、2012年度入園者数は51万人、2013年度入園者数は50万人。

第二駐車場は「道の駅デンパーク安城」としても機能している。

入園データ[編集]

(入園料)

  • 高校生以上(64歳以下) :600円(個人) 480円(団体※)
  • 高齢者(65歳以上) :480円(個人、団体※ 共)
  • 中学生及び小学生 :300円(個人) 240円(団体※)

※団体割引は、1団体につき有料入園者20名から

  • 障害者(高校生以上)及びその介護者(1名) :300円
  • 障害者(中学生及び小学生) :150円
  • 個人年間パスポート 高校生以上 :2,400円 小中学生 :1,200円
  • 家族年間パスポート :4,800円 (同居の一家族最大4名までに「1人1枚ずつ」発行)

(休園日)

火曜(火曜日が祝日の場合その翌日)、 年末年始(2012年12月26日から翌年1月1日)、1月臨時休園(2012年1月15日から17日)

(開園時間)

  • 9時30分 - 17時
  • 9時30分 - 16時30分(11月1日 - 2月28日)

※季節・夜間イベント開催などにより変動。

施設[編集]

<アトリウム(メイン施設)>

  • 花の大温室フローラルプレイス

<お買い物・休憩>

  • マーケット
  • マーガレットハウス

<体験講座>

  • クラブハウス

<ステージ・展示>

  • 水のステージ
  • デンパーク館

<遊具>

  • ローラー滑り台「スカイスライダー」
  • 木製遊具「ワイルドシングス」
  • 「不思議の森(=鉄砲山)」に設置の「秘密基地(←季節限定)」など

<レストラン・喫茶>

  • 和食処「ふるさと館」
  • 地ビール工房&レストラン「ホレ・フェスト」
  • 安城和牛の店「花車」
  • カフェテラス「カフェキッチン・ボノ」
  • 軽食「バーン・パーティー」

植物展示の特徴[編集]

樹林地や花壇の形態は多岐に渡り、様々な展示方法を複合的に採用しており、特に花や葉の色別の展示や季節別の展示は日本の植物園では従来では見られなかったユニークな方法をとっている。

【種類別展示】

【用途別展示】

【色彩別展示】

  • サマースノーボーダー(白色)、ムーンライト・ウォーク(黄色)、秘密の花園(各色)、ふるさと館周辺(白と銅葉)、プラムボーダー(紅、紫)

【季節別展示】

  • シラカバ林(春)、サマースノーボーダー(夏)、グラス・ウォーク(秋)、ティンクルガーデン(冬)

デンパークの植物コレクションは約3,250種を超え、その多くの植物がナーセリー(非公開の養生温室)を経由して増殖・育成され園内の植栽展示に使われている。

その他[編集]

  • 開園時の1997年から2005年まで、デンパーク「花の大使」として紺野美沙子が就任。各種宣伝イメージの展開や、イベントも行われた。
  • 2004年春季から2006年冬季までの3年間、宣伝イメージキャラクターとして水森亜土のイラストを起用。2004年春と2006年の春には、本人が来園しての歌のお絵かきのイベントショーも行われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 指定管理者制度導入施設
  2. ^ 安城産業文化公園の設置及び管理に関する条例

関連項目[編集]

外部リンク[編集]