神代植物公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京都神代植物公園
Jindai Plants Park 2.jpg
神代植物公園
所在地 JP-13北緯35度40分16秒 東経139度32分46秒 / 北緯35.67111度 東経139.54611度 / 35.67111; 139.54611座標: 北緯35度40分16秒 東経139度32分46秒 / 北緯35.67111度 東経139.54611度 / 35.67111; 139.54611
分類 植物公園
面積 486,536m2
設備・遊具 大温室、噴水広場、水生植物園、植物会館、芝生広場、ドッグラン
駐車場 720台
告示 1961年10月20日
大温室
「大芝生」の中央に生える高さ約4m・直径約7m、公園自慢のパンパスグラスが密集する大きな。秋が見頃。2007年現在40年以上の古株。

神代植物公園(じんだいしょくぶつこうえん)は、東京都調布市にある東京都立の植物公園。都立としては唯一の植物公園である。園内には約4,500種類、10万株の植物が植えられている。梅や桜の名所としても知られるが、都内最大で274品種5,100株を誇るバラ園では春と秋にバラフェスタが開催され、夜のライトアップやコンサートなどさまざまなイベントが催される。

沿革[編集]

基本情報[編集]

  • 開園時間 9時30分~17時(入園は16時まで)

桜の見頃時(3月下旬~4月上旬)・春・秋のバラフェスタ時の土日は、20時まで延長されるときもある(入園は19時まで)。

  • 休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、および年末年始(12月29日~1月1日)
  • 無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

主な施設[編集]

  • つつじ園 - 当園のシンボルのひとつ。
  • ばら園 - 噴水のある庭園。春・秋あわせて10,000株以上。
  • 大温室 - 熱帯・亜熱帯の植物のほか、熱帯スイレン室、ベゴニア室も。
  • 自然林 - 武蔵野雑木林
  • 芝生広場 - パンパスグラスの巨大な株がシンボル。
  • 植物会館 - 管理事務所はこの館内。

園外施設[編集]

以上のほか、本園の敷地外の施設として以下のものがある。本園は有料であるの対し以下の施設は無料で開放されているものである。

水生植物園
本園から深大寺を挟んで南東、国分寺崖線の直下に位置し、湧水のある谷戸地形を利用して回遊式の水生植物庭園としたもの。なお、谷戸の低湿地に加えて隣接する台地上の「林間散策路」をも擁しているが、この部分は「深大寺城趾」として指定された史跡となっている。
植物多様性センター
本園の北側に広がる旧園地を整備し、2012年4月に開所[1]。小規模の展示室があるほか、園地を「武蔵野ゾーン」「奥多摩ゾーン」「伊豆諸島ゾーン」の3ゾーンに分割し、東京都を代表する3種類の植生を再現している。

主なイベント[編集]

  • じんだいフェスタ
  • 春のバラフェスタ
  • 秋のバラフェスタ

このほかにも、特設展示場や大温室において四季折々の展示会が催される。

所在地[編集]

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町五丁目31番10号

交通[編集]

公共交通機関

徒歩の場合は、調布駅が一番近い。が、それでも所要時間35分弱は見ておいたほうが良い。

なお、園内貸出の車椅子・ベビーカーの用意がある。

関連項目[編集]

  • 深大寺城 - 当園水生植物園内に城址がある。

外部リンク[編集]

脚注[編集]