国立科学博物館附属自然教育園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
入口
公園を西側から撮影

国立科学博物館附属自然教育園(こくりつかがくはくぶつかんふぞくしぜんきょういくえん)とは東京都港区白金台5丁目に存在する国立科学博物館附属の庭園博物館である。

都内に残る貴重な自然の宝庫である。

歴史[編集]

江戸時代には高松藩松平頼重の下屋敷であった。明治時代には陸海軍の火薬庫として使用された。大正時代には白金御料地となり、一般人の立ち入りが禁止された。昭和24年(1949年)に全域が「旧白金御料地」として天然記念物および史跡に指定され、同時に「国立自然教育園」として一般公開された。昭和37年(1962年)に国立科学博物館附属自然教育園となった。

基本情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分17秒 東経139度43分10秒 / 北緯35.63806度 東経139.71944度 / 35.63806; 139.71944